2019年03月16日

初めての発表会



IMG_0560.jpg





生徒さんたちに、初めて、発表会なるものに出ていただいてみました。
みんな、始め聞いた時にはこわごわ〜というか、おそるおそる(笑)
ま、でもなんとか取りまとめて、やってみよーっていうことになりました。

下の写真は前日リハーサルの様子です。




IMG_0556.jpg


IMG_0557.jpg







IMG_0561.jpg





ここから下は発表会当日の様子ですが、
ステージ前に、リハ室で音出し確認ができました。



IMG_0593.jpg      IMG_0591.jpg




そしてそして。。。
いよいよステージです。 Knulpは司会をさせていただき、曲目紹介。





まずは、最初の教室の生徒さん。




IMG_0595.jpg




演奏曲目
・ひとつの箱
・ゆりかごの歌
・おぼろ月夜




次の教室の生徒さんです。




IMG_0600.jpg




演奏曲目
・ロング・ロング・アゴー
・エーデルワイス
・故郷の人々




Knulpは司会をしておりましたが、なんとか記録を残すことができました。
録音機器 設置場所の関係上、左右各パートのバランスが偏って録音されています、
そこのところが非常に残念ではありますが、「録音が聴けて感激です」とか、
「聴いてみたら意外だった」とか。。。 って喜んでいただけました。





次のレッスン日には皆さんに、
拙い録音で申し訳なかったですが。。。
本番での演奏を聴いてもらい、感想をお聞きしました。
以下にご紹介しますね。


花見(さくら)毎日、こつこつ練習すること、毎日続けることの大切さを知った
花見(さくら)皆と心をひとつにできたことが良かった
花見(さくら)一曲、一曲心を込めて吹くことができた
花見(さくら)オカリナの袋にカイロを入れておいたら音が出やすくて優しく響いてくれた
花見(さくら)あんな曲、こんな曲が吹いてみたい
花見(さくら)人前で演奏できるのが快感!


舞台の上では緊張していて、お客様の拍手が全く耳に入っていなかったみたいで、
皆さん 録音をゆっくり聴いてみて、会場の雰囲気や、一曲演奏するごとに
たくさんの拍手をいただいていることに気づき、たいへん喜ばれていました。






∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


ステージで発表するということは、
楽屋での立居振舞いから譜面台の高さや角度、オカリナ(=陶器)の扱いなどなど
言葉に言い尽くせない学びが果てしなくあります、
何回同じようにやってても、その都度、また別の学びがあります。
経験とは 汲めど尽きせぬ井戸のようですね。


また次回につなげていきたいと思います。
生徒さんにはまた、新たな感動をたくさん経験してほしいと思いました。


そして最後に、今年、ひとつ殻を破って、
新しいことにチャレンジしてくれた、皆さんたちの勇気に感謝します。
だって、もー、レッスン始めてまだ一年経ってはいないのですから〜 わーい(嬉しい顔)

打ち上げは来週です 手(チョキ)
大いに盛り上がりましょー るんるん




皆さん、お疲れさまでした〜 光るハート

IMG_0574.jpg










posted by Knulp at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2019年02月17日

町家ランチ 八分音符



IMG_0264.jpg






これまた久しぶりなお友達と四条烏丸でランチに。
お正月に会えなかったし、インフルだのはしかだのと、
不穏な空気情勢から冬場は人混み自粛しておりました。
なので、とーても楽しみにしていました。
春の声を聞いて待ちかねたように飛び出して。。。と。


今日選んだのは、定評あるイタリアンでお馴染みのセカンドハウス レストラン
。。。と思いきや。



セカンド ハウスがプロデュースする町家レストラン
omoya東洞院(ひがしのとういん)

心はスキップ状態で11時に行きましたら、
なんと、OPENは 11:30から。アチャー あせあせ(飛び散る汗)



でも大丈夫 勝ち誇り
OPENまで、表側にあるカフェで待ちまーす 信号

私は北山通のセカンドハウスによく行くのですが(駐車場があるから)
ここのセカンドハウスは北山とちがって街中。
2階が美味しいパスタが食べられるようになっていて、1階はカフェなんです。




IMG_0263.jpg




ちょと外で待つのは寒いので、朝からケーキタイム(ウフフ。。。)
カラメルマーブルケーキとコーヒーでちょとぬくもりました。
と言っても、今日は比較的暖かいのですが。




IMG_0272.jpg      IMG_0274.jpg




    IMG_0278.jpg




京都の町家はウナギの寝床って言いますが、
もう、本当に、土地の形状が。。。 びっくりするほど
奥が深いんです、行けども行けども、まだ続く。。。




IMG_0271.jpg




このお宅(かつては個人宅)は、玄関からまずお店(??)があってて、
坪庭が作られています。坪庭は写真からは見にくいかな あせあせ(飛び散る汗)
大きめの庭石と灯篭などで、枯山水が表されていました。
その昔は池のように実際に水がひいてあったのかな??

その次に、皆さんが住まいとされる母屋があるみたい。
お客様もここに通されるのは大事な方か親しい方なのかな。
(あんまり詳しくいないですが。。。想像しながら)

上の写真、母屋のさらに向こうにも縁側が見えるでしょう?
あそこが奥の(プライベートな)お庭のようですよ。




IMG_0299.jpg




要するに、
通りに面して玄関棟(お店)があって、
その向こうに蔵も入れると三つの建物があるんですね、これ。
3つの建物とその間の2つのお庭でできているみたい。
因みに、奥の蔵は貸切できます 手(チョキ)
何かの会合でも子供さん連れでも周囲を気にせず、
ゆっくりほっこりできますね にこにこ





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


さてさて、
レストランがオープンしたようですので、入いらしてもらいましたよ。


枯山水の坪庭の母屋側はこんな感じなんですね、




IMG_0296.jpg




夏は床几に座って スイカ スイカ 片手に線香花火 。。。 なんてできるかも。
いいですね 。。。 想像がふくらんでしまいます(笑)


母屋の入り口を入いると、いきなり!!
井戸が。。。 すごいですね、しつらえや滑車が健在ですが、
桶のないところを見るともう枯れているのでしょうね。



IMG_0304.jpg




ここからおくどさん(昔のキッチン)っていうところに続きますから、
昔の生活が伺え知れて、ちょっと興奮気味 光るハート


畳のお部屋そのままに、テーブルがしつらえてありますから、
落ち着く雰囲気でゆっくりおしゃべりできます にこにこ




お料理はこんな感じ。
お友達はここをよく使われるそうで、
以前は、畳敷きに座卓が並んでいたそうですよ。
掘り炬燵式でなかったら、ちょっとしんどいかもですねーあせあせ(飛び散る汗)
テーブル席にしてもらって楽ぅ〜 八分音符




   IMG_0282.jpg      IMG_0284.jpg




IMG_0285.jpg      IMG_0287.jpg




お客さまを見渡せば、日曜日ですが、女性が圧倒的に多く、
しかも若い女性おひとりさまもけっこういらして、
人気の高いのが伺い知れます。
一人でも静かに楽しみながらいただくのには居心地がよく
お味も進化しているようで(←友人曰く)、満足でした!

Tさん、連れて行ってくれてありがとー光るハート





IMG_0293.jpg













posted by Knulp at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2019年02月04日

ゑほんの蔵のひな祭り



IMG_0016.jpg





立春を迎え、春待ち遠しい今日この頃ですが、
いよいよひと月後には「桃の節句」ひな祭りですね。


Knulpがよく定期ライブをさせていただいている、ゑほんの蔵さんでは、
今、お雛さまがたぁ〜くさん展示されていますよ〜花見(さくら)

こちらのお雛さまは、ゑほんの蔵館長さんの奥様の手作りなんだそうです️
ちょっと!
ほんと? 
作られたんですよ︎ 木型からお着物の生地選んで。
びっくりしていろいろ聞いちゃいました(笑)  それは。。。皆さん、
たーくさんあるお人形の中で、奥さんの手作り作品とその興味深い裏話しは
奥さんから直接聞いてくださいね、凄いですね。。。 作られるんですね。。。

Knulpは今時の、店頭で見かけるお雛様より、お着物の生地が重厚な感じを受け、
とても素敵でした。
本当に手の込んだ、美しいお雛さまの数々を、Knulpのスマホ写真で恐縮ですが、
ちょっとご覧くださいね。




IMG_0017.jpg



これは、
左近の桜、右近の橘、三人官女と五人囃子の三段飾りセット。
なんとも愛らしいお顔が上品ですね。


Knulpは兵庫県西宮市出身ですが、しばらく京都にいました、
私はお雛さまには詳しくないのですが、ここでちょっと蘊蓄(笑)
京都っていうところでは、男雛を正面に向かって右側に、
そして、女雛を左側に飾るんですって!


それはなんでも。。。
京都御所の紫宸殿の御即位の式典に由来し、
太陽が先に当たる側が上位、「左をもって尊し」という
古来の風習によるものだそうです。
古いしきたりを重んじる京都ならではの飾り方だそうです。(ネット調べ)
ゆえに。。。
この三段飾りは、京並びということになりますね手(チョキ)



ちなみに、私の娘時代の(Knulpにも確かあった。。。)のお雛さまは、
左にお内裏様、右にお雛さまという並びでした。

ほら、こんな感じの並び方
      ↓
      ↓
      ↓
IMG_0020.jpg




このお雛様の衣装はなんと、渋くて重厚な感じがしますね。
Knulpは好きでしたね、落ち着いた感じ。
背後の屏風もいい感じではありませんか?

因みに、Knulpのお雛さまは、愛用のクラシックギターとともに
阪神淡路大震災で失われてしまいましたね。。。残念です。

だから、Knulpはゑほんの蔵さんで、桃の節句しよーっと(笑)




IMG_0023.jpg




このようにして、
ゑほんの蔵さんでは所狭しと飾られているので、
お友達と訪ねても、ひとりでふら〜っと立ち寄られても雅なひととき

昔の装束やお道具を拝見していると、
時空を超えてはるか古の世界にタイムスリップするかのようです。
十二単にお垂髪(おすべらかし)って本当にユニークな素晴らしい
日本文化があってたのですね。。。 もう今はないですけどあせあせ(飛び散る汗)




IMG_0022.jpg




上の写真ですが、
ひときわ、その存在感をアピールする姫君が、
桜が描かれた漆塗りの屏風の前に鎮座しておられました。

奥さんに聞くと、これは木目込み人形の先生の作だそうですよ。
一体のみですが、このような十二単の姫様人形は
珍しいですね、皆さん、この姫さまの前にぜひ行ってみてください、
オーラがあってて、ちょっと釘付け状態になりますよ。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

さてさて、あんまりご披露してしまうとお楽しみがなくなりますので(笑)
まだまだいっぱいあります、
この先は、ぜひぜひ皆さんの目で、確かめられてくださいね八分音符


お雛さまに堪能すると、喉が乾きましたので、
Knulpはこちらのもう一つのお目当て、カフェコーナーに行きました。




IMG_0024.jpg




ティーセットを楽しみながら、おしゃべりさせていただき、
ぼちぼちおぜんざいも仕上がり上々のようでしたので(笑)
早速甘党の一番お客になりましたよ。
おぜんざいは写真撮るのを忘れてしまいましたが、
奥さんお手製のお香こが付いてて、これまた、美味〜光るハート


館長さんの奥さんって、お料理上手きらきら
。。。てか、なんでもできはる(超〜関西弁あせあせ(飛び散る汗)
博多弁だと なんでもできんしゃる て言うのかな??にこにこ
昨年Knulpは、ゑほんの蔵自家製の万能唐辛子を
買わせていただいたのですが、これが!️美味しいのでした、
半端なく美味しくって、これが。。。何にでもいける!おやゆびサイン
東京の娘に送ってあげたら、感激のあまり
「美味しすぎるぅ〜光るハート」ってお鍋するたびに何回もLINEきて(笑)
そのうちの一つを長野のお友達にお土産に持って行ってあげたそうです。
斯くして。。。
ゑほんの蔵の万能唐辛子は、はるか長野県まで旅して行きました。
この冬、信州でもピリ辛の幸せを振りまいていることでしょう。。。にこにこ



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


カフェに、偶然来合わせた方とお話をしているうちに、
この方が、『宗像アサギマダラの会』の会長さんだということが判明。
そして、Knulpのご近所さんがこの会の会員さんだったことも判明。
会誌をいただきました、アサギマダラの写真を見て。。。
美しい蝶ですね、海を渡る蝶だということは知っていましたが、
まじまじと見るのは初めてで、今は写真だけど、
この春にはアサギマダラを見つけたいなって密かに思ったKnulpでした(笑)




IMG_0056.jpg





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今日のKnulpのお目当ては、もう一つありまーす!
それは、ゑほんの蔵さんのオリジナルグッズ。
昨年暮れに買いに来たらもうだいぶ売れてて、実は入荷するのを待ってました(ワクワク)

今ね、ショップコーナーがとっても充実していますよ、
Knulpは、清水画伯の、「長靴を履いた猫」の絵の 縦型バッグをGET
楽譜が入ってオカリナと小型スピーカーがおさまって、
ちょうどいいサイズ。
これ、Knulpのレッスンパッグ手(チョキ)




IMG_0122.jpg




今、ゑほんの蔵さんではT-シャツもバケツ型バッグも、今、品揃え豊富〜
サイズもいろいろなので、絵本原画鑑賞の後は楽しんできたくださいね。



お目めも、お腹も、バッグ探しも大満足の日となりました。

八分音符灯りをつけましょ、ぼんぼりに〜
八分音符お花をあげましょ 桃の花 花見(さくら)
(あ、桜じゃないけど桃のスタンプがないので顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)


雛祭り ひな祭りの当日、
Knulpは京都市のど真ん中にある老舗旅館 “柊家” さんで、
オカリナのコンサートをしてきますよ。




ゑほんの蔵さんでは、
4/13(土) に お会いしましょう❣️
館長様、ゑほんの蔵HPに 予告をアップしてくださって、
ありがとうございます。
皆さん、オカリナライブ、4月のテーマは 「翼」です。
ゑほんの蔵ホームページを見てぜひぜひ遊びにきてください。





光るハート親王飾り(立ち雛)も素敵光るハート


IMG_0018.jpg













posted by Knulp at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2019年01月01日

2018年12月17日

2018年12月17日(月)京都で四川料理を堪能八分音符



001.jpg





「いつでも会える〜八分音符」は、「めったに会わないー涙ぽろり」に
なっちゃい勝ちな今日この頃(笑)


Knulpがあちゃこちゃをパタパタと飛び回っている間に、
年末、やっぱり会おう! ってことになりまして、
久しぶりにお友だちとゆっくりランチ。



グルメは好き、と言っても、2人とも人混みは苦手です。
食通に人気のお店で落ち着いたところを。。。と探してもらって、
連れて行ってもらったのが、ここ、「星月夜」さん。



古民家を改装して、坪庭と離れのある素敵なスペースになっていました。
入ると え? 靴のままでOK?? って感じの空間。
お料理の内容は、写真でレポしますね(笑)
トリートに上手くないので、写真は加工してませーん わーい(嬉しい顔)
暗かったらごめんなさい!




004.jpg





002.jpg      003.jpg
前菜                    スープ




005.jpg      006.jpg
炒め物                    煮物







007.jpg

〆は カラダが芯からあったまる煮込みそば





008.jpg





どれも美味で満足です!
素敵なところに連れて行ってくださってありがとう光るハートって感じです。
友人は街のど真ん中にお家があり、鉾町の責任者もなさる旧家。
守って管理しておられる建物もあり、祇園祭の際には大変なお役目と聞いています。
凄いですね!




009.jpg




あとで聞いたら、ここの予約取るのも大変ならしく、
すぐに満席となってしまうらしいです。
友人のお顔で予約取ってもらったのかなぁ〜と感謝しつつ。。。
お友達のお家は、これまた、素敵なギャラリーにしてあってて、
セレクトショップなんですよ。




012.jpg




いつもお訪ねしているそのお店をあらためて写真撮るの忘れちゃったですがあせあせ(飛び散る汗)
今日の記念にと、一点もののアクセサリーバッグをGETさせていただきました。




837.jpg



輸入品で出回っているビーズ刺繍と違って、
またちょっとこれは上品な、繊細なヒーズ工芸ですね。
ひと針、ひと針、縫い止めていくそうですが、
原図の模様を描くように刺してゆくのではなく、横一列にビーズを止めていくので、
設計図通りに刺してゆく、というやり方。
どんなニュアンスに仕上がるのかは、だんだん浮かび上がってくるのようです。
設計図が鍵! すごいですね 。。。 感心しちゃう光るハート



お友だちと近況をたっぷりおしゃべりして、
聞いてもらって聞かしてもらって。。。気がついたら3時でしたあせあせ(飛び散る汗)

超満足して帰路についたKnulpです。




010.jpg












posted by Knulp at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2018年11月09日

和田先生のコンサートへ



金曜日の夜は、和田名保子先生のコンサートに行ってきました。
九州を代表するオカリナ・ケーナ奏者で、
オカリナのお友達が習っている先生ですので、
たくさんの期待を胸に、ワクワクしながら駆けつけました。
お友達っていうのは、プリマベーラのメンバーですよ 八分音符
皆さんとも短い間でしたが、リアル再会できて、それまた、嬉しかったです手(チョキ)



その日は、Knulp、ちょといろいろあってていそがしくあせあせ(飛び散る汗)
実は行けるか、間に合うか、あぶない橋を渡っていたのですが(笑)
まあ、タクシーもずいぶん並んでいたけど、なんとか12台くらいババッときて
運転手さんに「あと何分?」「ここどの辺ですか」「あ、あのビル??」とか、
いろいろせっつくので「どこから来たの?」 と、笑われてしまいました、
関西弁丸出しやし。。。 顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)


「いやいや、このビルのまだまだ先なんですよー」ってつれないお言葉(笑)
それでもなんとか間に合いましたあせあせ(飛び散る汗)
どこでもドアがあればな。。。 青ざめ


ほんとはこんなんいけないんだけれどね!️(笑)
週末はイベントが入いってきちゃうので、
都合のよいときに〜っなんて言っていたら
いつまでたってもコンサートを聴きにいけないKnulpでした顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
今回は、都合悪いけど行きます、行きます、みたいな わーい(嬉しい顔)




先生の自主公演としては、20回記念ということで、
舞台はとても華やかで、また、
「雅天空」という演奏ユニットの再結成ということで、
たくさんの話題が詰まっている、入魂のステージでした。

もう。。。 酔いしれました、溺れました、
先生のケーナとオカリナ、そして、迫力あるメンバー、
お衣装も髪型もとーても素敵、書家、悠杏さんの書をバックに
浮かび上がるかのような和田名保子さんのお姿。。。 ハートたち(複数ハート)
最高のコンサート、たっぷりと堪能させていただきました。
素晴らしかったですきらきらきらきらきらきら





IMG_0074 (1).jpg





終了後、ロビーで
プリマのお友達と一緒に先生を囲んで記念撮影していただきましたよ。
ロディさん、ありがとうございまーす、先生素敵 揺れるハート お衣装も最高 ハートたち(複数ハート)


Knulpはちょっと早く帰らなくっちゃならなかったですので、
「東風(TongPoo)」というCDにサインしてもらいたかったのですが、
けっこう並んでいたのでここはひとまず。。。やむなく退散あせあせ(飛び散る汗)

またあらためて申し込もーっと 八分音符










posted by Knulp at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2018年10月29日

2018年 秋 宗次郎さんのオカリーナの森へ行ってきました八分音符



IMG_9856.jpg





憧れの ぴかぴか(新しい) あの、宗次郎さんの作られたオカリーナの森で、
自分の演奏を宗次郎さんに聴いていただけるオカリーナ発表会があると聞いて、
思い切って行ってきました️
はるばると、日本の東の方まで わーい(嬉しい顔)




IMG_9773.jpg




10月27日(土)  東京駅に集合した私たちは、
12:53東京発のいわき行きに乗って出発しました。
お天気は上々、お弁当も買いましたし、乗り込んだらもう、
子供の頃にもどってしまい、あれこれおしゃべりしながら心はワクワクです。
車窓の景色が結構な田舎になってくるのですが、
どこまで行っても起伏のない地形にKnulpはちょとびっくり 目
どこまでもどこまでも畑が広がりすぎー(笑)



水戸駅で水郡線に乗り換えるのですが、この水郡線が目が点の。。。おもしろ電車。
ドアを開けるのは自分でボタンを押すのですって。
寒いからかな。。。人が少ないからかな。。。??
車両も席の設えが、普段乗っているものと違っててメチャ新鮮!
そんなこんなで到着したのは常陸大宮駅。



そこでは、お迎えのマイクロバスが待っててくれて ありがたい〜光るハート




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

まずは本日宿泊のゴルフ場にあるロックヒルホテルに到着。
ロックヒルというだけあって、大きな岩の塊があったのですが、
それを撮るのを忘れてましたあせあせ(飛び散る汗) ここのシンボルなのにね。。。顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)



お部屋に入ってまず、ゴルフ場を望む風景に目を奪われました。
お部屋もかわいくってとっても快適。




IMG_9777.jpg





IMG_9782.jpg      IMG_9795.jpg




IMG_9789.jpg      IMG_9788.jpg
夕陽が素敵でしたねー




まずは、宗次郎さんのワークショップがあって、オカリナを持って行って参加。
質問コーナーでは、いくつかの中にKnulpの質問も取り上げてくださり、
発表曲の出だしだったのですが、。。。 ハードルが上がっちゃったような。。。ドキドキ
(その結果はあとでレポありますよにこにこ



そのあと、18:30から 夕食。
これが、テンション上がるぅ〜豪華な宴会。




IMG_9799.jpg




この日はご馳走に舌鼓を打ちましたら、
お部屋に帰って、深夜までおしゃべりに花が咲き。。。
Knulpは同室の、大先輩ふくちゃんから
オカリナのアドバイスやオカリナよもやま話しやら、人生訓やらを
いっぱい聞いたり聞いてもらったり(笑)
楽しい夜を過ごしました。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

さてさて、翌日は、待望の オカリーナの森へ向かって Go!




IMG_9805.jpg




ロックヒルホテルのクラシカルなゲート
縮小版のバッキンガム宮殿なの? みたいな〜??




IMG_9808.jpg




IMG_9810.jpg


ところどころに 「オカリーナの森 →」 みたいな立て札が。




とうとう、着きました️ やっと来たゾー
冊子で見てきれいだな〜って思っていたところに、
Knulpはほんとうにその景色の中に立っていました、感激〜 光るハート




IMG_9814.jpg




IMG_9818.jpg




IMG_9812.jpg




IMG_9819.jpg





なんて素敵なところなんでしょう️
広々していて、太陽燦々で、森の木漏れ日が遊ぶ畑や小道には
ドングリや、何かの実が落ちていて。。。


はるか向こうから降りてくるスタッフの岩田さんにお声かけたら、
ポーズしてくださいました、森の少女! はつらつ かわいい光るハート(笑)

IMG_9828.jpg




IMG_9857.jpg
もう木漏れ陽 遊ぶ苔の道まで愛おしい(笑)




オカリーナの森の小道をくだってゆくと、
!️ ありました、ありました。
森のステージ。

木々におおわれた。。。
宗次郎さんの、
宗次郎さんによる、
オカリナのための    森のステージきらきらきらきらきらきらきらきらきらきら




IMG_9831.jpg




IMG_9832.jpg




IMG_9840.jpg

ふくちゃんのステージ。   最高に素敵でしたおやゆびサイン


Knulpはここで、「巡礼」を吹かせていただきましたが、
この出だし、オカリナの入り方がわからずで あせあせ(飛び散る汗)
昨夜の質問コーナーでもここがわからないと書きましたので、
取り上げていただきました。却ってハードルを上げた感があるのですが(笑)
宗次郎さんにいわれたことに落ち着いて集中してイントロを聴いていたら、
入れました️ もうバッチリ手(チョキ)
その代わり、入るタイミングに成功したものの、次の音をはずしてしまいました、
もー怒り(ムカッ) Knulpはバカなのかー あせあせ(飛び散る汗) 残念でしたが、そのあとは、
最後まで、流れに乗って吹き切ることができましたぁ〜よかった(ホッ)
途中からは森の景色を見ながら思いっきり吹きました、最高の経験ですね手(チョキ)





時の経過とともに日差しが変わるので、
森は飽きることのない魅力を次々に私たちに見せてくれていました。
みんなの発表が終わったら、リラックスをしてランチタイム




IMG_9844.jpg




IMG_9846.jpg




IMG_9847.jpg




畑に近寄ってみると、お茶の木のようですよ、
そして、その木々の足元は、モコモコと土が掘り起こされていて、
「これはイノシシの仕業なんですよ」って、宗次郎さんが説明してくれました、
イノシシがいるんですね(笑)
もしかしたら、宗次郎さんの前からここに住んでいたんでしょうね、
だからイノシシさん、好きにしているようですよ。 みんな食後はめいめい、
落ちているお茶の実や、どんぐりや紅葉した美しい葉っぱを集めて楽しみました。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

午後からは、 私たちの演奏に対して、
宗次郎さんから ひとりひとりにアドバイスをいただけました。
他の人へのアドバイスを聞いていてもほんとうに為になります!
こんなにスーッと吸収できる、吸収したくなるご指導はないと、
Knulpは嬉しく、また、感謝でいっぱいです、
これを生かして、言われたことを身につけるようにして、
また一年、オカリナ道を歩いてゆこうと、意欲満々でありました 力こぶ




最後には、ご褒美の ハートたち(複数ハート)  宗次郎さんのコンサート。
宗次郎さんがオカリナを吹かれると、森の住人(鳥さんたち)が
声を合わせて参加してくる(笑) 
ほんとうに、面白いようにハモってくるんですよ(笑)


どうですか exclamation&question  なんとぜいたくな、盛りだくさんな内容でしょう?
盛りだくさんといっても、一つ一つにゆとりもあるので、
落ち着いて楽しめる企画でした。




楽しい時間も過ぎてゆき、
北関東の田園地帯に夕日が降り注ぐ頃、
私たちはオカリーナの森に別れを告げて帰路につきました。


Knulpは皆さんと別れて、もう一泊し、翌朝茨城空港から出発します。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

翌日は、早朝の飛行機で福岡空港へ




IMG_9872.jpg

空港へ向かうバスの車窓からはどこまでも延々と広がりを見せる畑たち




IMG_9874.jpg

いよいよ滑走路に入りまーす




IMG_9878.jpg




IMG_9883.jpg




IMG_9887.jpg





やがて、いつもいつも通っている道が空から見えたので、パチリカメラ

IMG_9910.jpg




ここはくまモンのいる交差点ですね!
いつも福岡に来たらくまモンに挨拶してるんだけど(笑)
今日は空からね 




IMG_9915.jpg

福岡空港です。




お疲れさまぁ〜 楽しかったでーす八分音符


ここから地下鉄。博多駅でゆきこさんとBye-Byeして、
Knulpはここからそのまま直接 JRで、
福岡でのオカリナ演奏に行ってきます。
それが終わってから京都に帰る予定です わーい(嬉しい顔)




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

夢のような2日間。。。 素晴らしい風景、自然のパワーをいただき、
宗次郎さんのオカリナの音色をそこで聴き入り
また、自分の課題もいただいて、
実りある 『オカリーナの森』 体験でした。



宗次郎さん きらきらきらきらきらきら  ありがとうございました。
素敵なところに行かせていただき、もう感激です️


スタッフの皆さん、いろいろお世話になりました。
とっても楽しかったです。
お友達がはるばると、何回も行かれている理由がわかつて、Knulpも納得です。

また行きた〜い(笑)




IMG_9820.jpg
















posted by Knulp at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2018年09月06日

不思議空間「茶◯茶」



IMG_8761.jpg





今日は、いつもKnulpのオカリナ・ライブを
聴きに来てくださる方から「こんないいところがありますよ八分音符」って
おしえてくださった、知る人ぞ知る、お宝スポットへ出かけてみました。


それは。。。




IMG_8759.jpg





とっても風格のある、どっしりとした建物で、
昔ながらの純和風建築。




IMG_8766.jpg




アプローチには、それはそれは大きな 石灯篭。
これはどこから持って来たんでしょう、こんな大きな石。。。
そして、池には鯉が悠々と泳いでいます。




IMG_8771.jpg




ちょうど折良く、
同じくオカリナの指導をしていらっしゃるO様に、
今度ぜひランチご一緒しましょうってお話していましたので、
それを今日の日にセットして、O様をお連れしました。
O様はたくさんのオカリナ教室を受け持っておられておいそがしい方です、
今日、お昼から夕方までご一緒できたことは、Knulpは本当に幸運でした。



ライブがあると聞いて、楽しみにしてきたのですが、
なんと! 本日の演奏は クラリネット、そして、
クラリネットの親玉、バセットホルン 目
大きくてダイナミックでびっくりしちゃった(笑)


吹くところを拝見していると、やはり、足元に置いてて、
それが身長高い奏者さんにぴったりのところにキーがあってて、
いとも簡単に吹いておられました、
そりゃそうよね、だって持っては吹けないでしょうね。。。
長すぎるー、重すぎるー あせあせ(飛び散る汗)




IMG_9255.jpg




右の方の楽器がおそらく普通のクラリネットですね、
短いでしょう?
左の方のもつ、 キーが金色にピカピカしているのがバセットホルン
これ、長さが下まであるんですよ、凄いですね〜
Knulpが構えたら、
吹き口が 頭上 遥かかなたに〜 って 悲しいことになりそうです(爆笑)


こんな楽器たちをこの距離で、こんなに間近に見つめながら
その演奏を聴けるって。。。 なんて贅沢な時間なのでしょうか。




IMG_9265.jpg




司会をされたのは、ピアノ、エレクトーンと、
鍵盤のあるものならなんでもありー きらきら って感じな、K氏です、
笑顔がとってもチャーミング 手(チョキ)


左のバセットホルンの奏者さんは、
普通のクラリネットも取り出されて、またまた3人での演奏。




IMG_9261.jpg



・メンデルスゾーンのなんとかの2番
・ビゼーのアルルの女
・ラベルの亡き王女のためのパバーヌ
・メンデルスゾーンのなんとかの1番
・花は咲く
・エトピリカ→情熱大陸





本日の奏者さんは、ピアノのK氏とこのクラリネットのお二人に加えて、
チェロ奏者さん、そして愛らしい女性のピアニストさん。




IMG_9272.jpg      IMG_9267.jpg




・J.S.Bach のサラバンド&ジーグ(Celloソロ)
・少年時代(Pソロ)
・ポッパーのハンガリアンラプソディ
・シューマンのトロイメライ
・サン・サーンスの白鳥



チェロ。。。 きらきら
宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』で有名な楽器ですが、
間近に見たのは初めてです。
『ゴーシュ』って、仏語で「不器用な」っていう意味なんですって 目
おしえてくださいました、そうだったんですね。。。


素晴らしくいい音で、なんかお腹の底に響いてきます。
落ち着くし、なんか精神的に癒されましたよ、
音の波長の神秘ですね。




あ、それから、ピアノの方が、ソロ曲の選曲に悩んだ結果、
「少年時代」にしましたって仰っていました。
そうそう、悩むんですよねー、今の時期って!
朝晩涼しくなったかと思うと、日中は夏日 あせあせ(飛び散る汗) 秋ってどこ?? 目
秋のメロディもちょっと時期尚早なのかなとか。。。


Knulpも、オープニングに「ちいさい秋。。。」をするかと思うと、
次のライブでは季節逆戻りしとこーっていうケースが多々あります。
演奏曲の直前差し替えにも、もうだいぶ慣れましたけど 顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)





IMG_8780.jpg




最後にちょーっとKnulpもオカリナ吹かせていただきました。
“ホラ” じゃないですよ、オカリナ 八分音符


いやー、もうね、ママさんに言われてて持ってきたはよいけれど、
この、うっとり〜とした 格調高いムードを壊したくないと思いましたおやゆびサイン


その余韻に浸っているときに、やっぱりこちらに振られてしまい。。。 あせあせ(飛び散る汗)

もう今日はお断りしようって思って心に決めてたのですが、
皆さんがご親切に勧めてくださるので、遠慮がなくなってしまいました。。。
みなさん、すみませんあせあせ(飛び散る汗) そして、オカリナも聴いてくださいまして、
本当にありがとうございます、恐縮です。



S.フォスターの「故郷の人々」と、
秋のシャンソンから「パリの空の下」


それから、エレクトーンの生伴奏をお願いをして、
「アメイジング・グレイス」




素晴らしかったです、楽しかったです。
本日の出演者さんたちに、大きな拍手をお送りしまーす 拍手




IMG_9263.jpg






∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


わー、不思議空間だったな 。。。
なんか違う世界に行ってたみたい(笑)
今日は奏者さんにサインをいただきましたよ、
でもチェロ奏者さんにサインもらうの忘れたー あせあせ(飛び散る汗)
なので、次回、また行こーっと 八分音符
よく演奏しに来られているようですので、
また会いに行って、サインほしーッ 八分音符




茶◯茶のママさん、ありがとうございました。
いろいろお気遣いいただきまして、仲間に入れていただいて嬉しいです。
コーヒーもお菓子も、素敵かわいくにこにこ美味しくいただきました、大満足です手(チョキ)
Knulpはちょっと恥ずかしかったけど、
楽しい経験をさせていただきました、心から感謝です光るハート






IMG_8775.jpg















posted by Knulp at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2017年11月19日

祝❣️ リニューアル テレマン楽器さんのお洒落なお店 八分音符



IMG_8471.jpg





今年の夏、改装されてリニューアルオープンされたテレマン楽器さんきらきら
Facebookで写真を拝見して、素敵ッ exclamation×2 行きたいな〜って思っていたら、
やっとやっと昨日、実現しました手(チョキ)にこにこ




IMG_8429.jpg



今日は早朝に京都を出発、始発から二番目のバスに乗りました手(チョキ)
相方のたかたさんと集合、京都東インターから一路、宍粟市を目指します るんるん


寒ッ青ざめ
お天気はよいけれど。。。 今朝はけっこう冷えています。


でも、空気が澄んでいるのか。。。 車窓からの景色はすこぶる清々しく
絶好のドライブ日和です ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
朝陽を浴びて美しい紅葉の山々を眺めながらドライビング 車ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)





IMG_8441.jpg






東条湖のあたりにさしかかっています。



IMG_8442.jpg






下の写真は、加西SAで朝食をとったときの2階の窓からの眺めです。
イルミネーションはクリスマス仕様となっていますね クリスマス


IMG_8449.jpg





いよいよ、宍粟市に入って来ました 手(チョキ)




IMG_8451.jpg






山崎インターから一般道に出まーす にこにこ





IMG_8452.jpg






山崎インターを降りて。。。キョロキョロ目

あら、もう! すぐにわかりましたよ(笑)
あ、ホテルサフランが目の前じゃん!!





IMG_8471.jpg




ありました、かわいい看板がお出迎え。
前面大きなショーウィンドーには マニア垂涎のギターがずら〜りギター(エレキ)



IMG_8465.jpg






IMG_8469.jpg






IMG_8470.jpg







この中に、お宝がいーっぱい詰まってる魅惑のお店光るハート
いえいえ、むしろ
テレマン楽器のお店こそが、宍粟市のお宝的存在なんですよねおやゆびサイン




IMG_8462.jpg






IMG_8463.jpg






オカリナの購入や新種オカリナ発掘はもちろんのこと、
幻の貴重オカリナ探しや、困った時の相談や質問、楽譜のお取り寄せ等々、
テレマンさんには本当にお世話になってきました。




IMG_8457.jpg



尾崎さん、
新社屋、おめでとうございます。。。とっても素敵なお店ですきらきらきらきらきらきら
これからも、オカリナ詩人 “Knulp” を、 どうぞ よろしくお願い致しま〜す八分音符



たかたさんとのデュオも磨いていきますので、
またどこかで聴いてくださいね 顔1(うれしいカオ)





IMG_8460.jpg












posted by Knulp at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆

2017年05月17日

GINZA SIX(ギンザシックス)



IMG_3727.jpg




松坂屋銀座店の跡地に先月オープンしたばかりの、
話題の GINZA SIX に行ってみました 八分音符


。。。と行っても、観光で行ったわけではないですので、
夜にちょと、お食事しただけー レストラン
残念ながら、お店ウォッチングは時間がなくてできてません あせあせ(飛び散る汗)



IMG_3730.jpg



でも、テラスがあって、五月の夜の
上空の涼しいに憩いながらのソファ席、
高層ビルの夜景が目の前できれいで、とても楽しめました。
メーチャゆっくりしました。



IMG_3733.jpg




蔦屋の前でしたっけ、その階の広〜い広〜い空間に、
オープンスペースがあって、その周りにいろんな名店がしのぎを削り、
一流の味が楽しめます、ステーキ、天ぷら、お寿司、もちろん
昼下がりには優雅なTea-Timeもね。



IMG_3738.jpg





夜が深まると少し寒くなりました。。。9時をすぎるとさすがに冷えて来ましたので、
室内のお席に移動させてもらいました。この頃には店内は割と空いていましたのでねおやゆびサイン
ついでに、スマホにもちょとご飯を(笑)
待ち合わせの電話連絡していたらバッテリーがギリギリなってしまいましたので、
充電させてもらいました、ごめんなさいッ!




ところで、件の待ち合わせ場所は、銀座四丁目の和光。
お向かいのビルもライティングか゛素敵でしたので、
写真アップしておきますね。



IMG_3719.jpg      IMG_3722.jpg

    GINZA PLACE             GIORGIO ARMANI




話はGINZA SIXに戻りますが、
こちらの真正面にそそり立つビルはユニクロのビル。
最上階にはミッキーマウスがいましたよ(笑)



IMG_3739.jpg



この優雅、リッチ、ハイセンスなコンサバのビル、
施設コンセプトは「Life At Its Best 〜最高に満たされた暮らし〜」だそうです。
凄いですね〜 憧れますね〜 満たされたいですね〜 わーい(嬉しい顔)


エレベーターもこんな感じ。




IMG_3743.jpg      IMG_3744.jpg




次回は思いっきしおめかしをして、
高級時計ブティックなんかを練り歩いてみたいですが、
それでも、Knulpじゃじゅうぶんに違和感あるかもですねー(笑)
だって、エレベーター中でも写真撮っているので、
まるでお上りさんです あせあせ(飛び散る汗)



IMG_3740.jpg






こんな素敵なところを夜打合せや商談に使えるなんてお洒落過ぎー
また行こう、時々行こう、ハイセンスなオーラを浴びに ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)





IMG_3728.jpg


















posted by Knulp at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2017年04月09日

花見(さくら) 桜、満開 ❣️  お花見とジャム・セッション 八分音符



IMG_2924.jpg




4月は、6日に横殴りの雨風で天候が荒れました。台風
桜の花を心配した人も多かったのでは。。。
そして続く7日、8日と、雨混じりの悪天候で、
今年やっと開花した桜の下でお花見する人々は雨に追われ一幕も。


Knulpもお花見を待ち遠しく楽しみにしていたひとりですが、
ようやく4月9日の日曜日、朝起きたら朝日が輝く予感 わーい(嬉しい顔)



IMG_2923.jpg




あくまでも予感でしたが、とにかく、早朝に繰り出して、
昨日の雨と朝露に濡れてみずみずしい、近くの森林公園へと出かけて行きました。




IMG_2945.jpg




IMG_2950.jpg




もう、今年の桜はもう、一斉に、満開です。



IMG_2838.jpg





IMG_2876.jpg




Knulpにとって、ことしの春はいろんなイベントが目白押しでした。
そのひとつひとつを無事にこなすことができて、
おかげさまで、本当に充実感溢れる幸せな春となりました。




           IMG_3020.jpg




IMG_2990.jpg      IMG_3093.jpg





この日は、遊歩道を歩いていると、
桜の他に、菜の花、チューリップ、ボケ、レンギョウ、そして、クロッカスと、
いろんなお花が咲き乱れていました。



IMG_2885.jpg      IMG_2879.jpg

      クロッカス                   レンギョウ



      IMG_2977.jpg



朝の太陽のもとを歩いて歩いて。。。
美しい空気をカラダいっぱいに吸い込んで、有酸素運動ができました。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

夜はいざ、オカリナ友達に誘っていただいて、
北海道からやってきたというグループさんのジャム・セッションに参加。



IMG_3271.jpg



オカリナでも吹いたけれど、
みんなと一緒に吹いた「コンドルは飛んでゆく」 は、Knulpにとって最高の出来(笑)




IMG_3274.jpg      IMG_3272.jpg




ジャム・セッションがこんなに楽しいものとは。
終わった後、ヴォーカルの彼がハグしてくれたぁ〜感激 わーい(嬉しい顔)
母と息子のペアやね、って感じです あせあせ(飛び散る汗)



プロのアーティストの腕を借りて、吹きたい放題吹ける醍醐味 exclamation×2
初めて今さっき会ったばっかりなのに、この信頼感 ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

またやりたいって言っておきました 手(チョキ)

あぁー、長い一日が終わって、目一杯 楽しんでしまいました。



この後、数日は雨に祟られ、花冷えもあって、
桜の花たちはすぐに散り始めてしまいました。
今年のお花見期間の、なんと短かったことでしょうか。。。


帰りのドライブでも、道々、あの早朝のみずみずしい桜の花たちが
目に焼き付いていました。。。




IMG_2883.jpg















posted by Knulp at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆

2017年03月11日

2017年3月11日 博多フェスに向けてプリマベーラの最終練習日 八分音符


DSC09389.jpg




今日は私たち、京都⇄博多 の遠距離ユニットプリマベーラの最終練習日でした。

最終というのは、もう、博多オカリナフェスティバルが来週だから。
先月は、めぐっちのインフルエンザにより、一回抜けましたので、
みんな真剣そのものです。



DSC09390.jpg      DSC09392.jpg




DSC09391.jpg





ランチタイムも専ら、博多フェスと森の国フェス(兵庫県思想市内)の
参加打合せで盛り上がる、盛り上がる。。。 わーい(嬉しい顔)


今日はめぐっちがお昼に恵方巻を作ってくれていました、わ〜い るんるん
先月の節分には会えなかったので、ひと月遅れの恵方巻。



IMG_2136.jpg




さてさて、午後はまた、最終チェックと時間計測。
スピードもハイテンションをキープすることを念頭に。



DSC09396.jpg




3時のおやつタイムは、
これまた、ひと月遅れでめぐっちバースディーのミニパーティーをバースデー
毎年若くなるめぐっちにお祝いの「ハピーバースデー」を
ともっち・やうっちのオカリナ・デュオでプレゼント。



IMG_2139.jpg






もうこれで、思い残すことなく博多フェスのステージに上がれます 力こぶ
ほんとかな。。。 あせあせ(飛び散る汗)
ま、ともかくも、やるだけやったと exclamation×2



博多オカリナフェスティバル、よいお天気そうですし、
花見(さくら) 春爛漫花見(さくら) ますます楽しみです。





DSC09398.jpg















posted by Knulp at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆

2017年02月23日

新幹線に乗る前に




IMG_1791.jpg




翌朝は目黒界隈をぶらぶら〜エキゾティックで個性的な『紅蜥蜴』で話題の担々麺を。
うおー、胡麻、松の実、パクチー、花胡椒などなどが入っている、
濃厚クリーミーなスープ ぴかぴか(新しい)  ナッツと胡麻だれのせいなのか、
辛味もあまり強く感じなくって、Knulp的には大好き 揺れるハート
なかなかインパクト 大 exclamation×2 な、だれにも教えたくないようなお店。
教えちゃってるけど(笑)




IMG_1800.jpg




曇り時々晴れで、気温が高かったのであちこちお散歩〜 
東京には街中に公園がいっぱいありますね。児童公園ではないですよ(笑)
“ ちょっとした ” 公園 リゾート



IMG_1824.jpg




IMG_1818.jpg      IMG_1821.jpg




IMG_1806.jpg





さて exclamation×2
もう遊び時間はおしまいです(笑)
新幹線に乗る前に、最後に入った夕食処で店員さんに撮ってもらいました。
隣には娘がいるのですが、ちょとカットしときました、見つかったら怒られるモン。



IMG_1832.jpg

レンガ亭にて



京都に帰ったら、毎年恒例の、
オカリナ詩人 “Knulp” の カフェ・コンサートが待っています るんるん
週末はレッスンとコンサート。
こんな幸せなことはありません ハートたち(複数ハート)





福岡でのボランティア活動3軒、ガーデンミュージアム比叡の練習、
笠間見学、銀座お買い物(??)と、よくインフルエンザにもならないで、
飛び回ってるなぁーと、実は。。。 我ながら感心するところもあります あせあせ(飛び散る汗)
なにせその昔には、喘息の発作がこわくて遠出ができないかったのですから。。。




スケジュールいっぱい入れてしまって心配していましたが、
今年の冬シーズンは風邪知らずで駆け抜けてきました 手(パー)
東京でいっぱい充電してきましたので、カフェコン、集中して頑張ります exclamation×2














posted by Knulp at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2017年02月22日

笠間 〜焼き物の里へ〜



IMG_1734.jpg




笠間陶芸の丘というところに行ってきました。

お天気は薄曇りだったのですが、気温が高くて 黒ハート
とーても暖かい一日でした。


まずはお約束のランチに繰り出して。。。 レストラン
地元の素敵なレストランに連れて行っていただきました。



IMG_1739.jpg      IMG_1740.jpg




この時点で、 みんな自然ともう 満面の笑顔にほころび、
そのお味も大満足で、久々のお話弾むコース料理を堪能させていただきました。



IMG_1866.jpg







IMG_1742.jpg      IMG_1746.jpg



四つ葉ここで、お口直しのシャーペットが供されました。
グレープフルーツの香り〜 写真を撮るのを忘れました むかっ(怒り)
(ウーっ どんっ(衝撃) Knulpの食いしん坊 怒り(ムカッ)



IMG_1747.jpg      IMG_1751.jpg


お肉料理とデザート
デザートもしっかりした量で超豪華〜光るハート





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
そのあとは、一路、茨城県笠間市へ向かいます。



江戸時代から、近江信楽の陶工を招聘して釜を築いたのが始まり、
幕末から明治時代にかけては江戸に近い利点から飛躍的に発展していった窯元だそうです。


車が近づくにつれて、ギャラリーロードという道になっていって、
両側には素敵な陶器ギャラリーやお洒落なショップ、陶芸工房が点在しています。
レストランもいい雰囲気なので、入ってみたかったです、また次回へ わーい(嬉しい顔)



芸術の森公園内 クラフトヒルズ KASAMA は、
広大な敷地にあり、陶芸大学校なんて学校もありました︎
ここでみんな、陶芸の技をしっかり学んで、身につけて、
全国各地に飛び立ってゆくのでしょうか 飛行機

芸術の森公園内 笠間工芸の丘 →→→ http://www.kasama-crafthills.co.jp

IMG_1764.jpg
センタープラザ



こちらは多くの作家さんたちの作品を集めて、展示即売しています。
もちろん、日々日常の雑器も、リーゾナブルに販売されています。



IMG_1774.jpg




IMG_1771.jpg      IMG_1772.jpg



その向い側には、大きな登り窯がありました。
近くで見たのは。。。信楽に行ったとき以来です。


こちらは広大な起伏のある(丘になってている)土地に
建物が点在している、という感じの一大公園なので、
その中の一つ、『ふれあい工房』という棟の中では、
広い作業場にいつくものろくろが並び、陶芸体験ができるようになっています。

その陶器をこちらで焼いてくれるのかなぁ〜光るハート



IMG_1779.jpg






無理をして駆け足で通りぬけたのは、そんな限られた、はざまの時間でも
ひと目、見たかったからなのです exclamation×2
せっかくせっかく、東京までやってきたのですからぁ〜 わーい(嬉しい顔)
ちょっと足を伸ばして北関東へ 車(RV)


焼き物の里めぐりは大好きです。
九州、山口、京都・滋賀、瀬戸もそうだし、
関東はまだ、陶芸工房を巡ったことがなかったので、
これからまた、機会があればちょくちょく
いろんなところを見聞したいと思いました 手(チョキ)



まだまだ、日本は広〜い、
行ったとこないところ、いっぱ〜〜〜い





IMG_1878.jpg













posted by Knulp at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2017年01月01日

篠栗九大の森



明けましておめでとうございます。


2016年の年の暮れから 2017年の年頭にかけて、
思うところあって、パワースポット巡りをしてきました、と言うより
振り返れば結果的にそうなっていた。。。ということならしいですが。。。 わーい(嬉しい顔)





IMG_0048.jpg





実はその少し以前から、そういうムードというか、雰囲気が、
私のまわりに漂っていたのば感じていたのですが、
その始まりは、どうやら、紅葉の九州の地で始まったように思われます。
それではその、九州で出会った私のパワースポットにご案内しましょう ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)







∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞





IMG_0002.jpg





「篠栗九大の森」というところに行ってみました 位置情報 くつくつダッシュ(走り出すさま)

この森は、九州大学福岡演習林の西側にあります、ということは、
ここだけでも広い広いのに、大学の演習林全体はもっと凄いのですね。。。
「約17ha の森には・・・」と説明書いてあるけど、
ヘクタールで言われるとさっぱりわかンないKnulpです あせあせ(飛び散る汗)




IMG_6283.jpg






森林セラピー基地。。。この聞き慣れない体験施設は、
森林のリラックス効果が科学的に立証され、
関連施設が整備されているという条件で全国各地に広がっているようですが、
ここ、篠栗ではおおよそ20年前に認定を受けているそうです。




IMG_9947.jpg






IMG_6292.jpg







何と言っても博多から車で約30分くらいのアクセスですから、
ちょっと行ってくるるんるんみたいな感覚で、軽いウォーキングをしてきました。



IMG_6289.jpg






紅葉も、この時期、見事で、
東から射す太陽を受けて、輝いていました 目



IMG_9953.jpg
〔錦のすきまから蒲田池を望む。。。〕





総距離約2kmの歩きやすいコースになりますが、
蒲田池をながめながらの行程は起伏、変化に富んで
とっても面白いです、Knulpが一番気に入ったのは、
整備された公園と違う、土や枯葉を踏みしめる自然道。



IMG_9939.jpg





篠栗九大の森は「水辺の森を散歩できる場所」であり、
整備された公園ではありません。
ペーブメントでもなく、玉砂利を敷き詰めるでもなく、
自然の土の感触、木の根や切り株のゴツゴツ、
濡れ落ち葉の重なりを感じられる命に満ちた小径だからです。
靴越しではありますが、足裏に伝わったくる感覚は
とても自然でワイルドで生々しくって癖になりそう ハートたち(複数ハート)



IMG_9934.jpg






やがて、入江から、蒲田池の美しい静かな眺めにもう、うっとりです〜 ぴかぴか(新しい)



IMG_6297.jpg






∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



次に印象にのこったのは、水辺の森。
今日のお目当は、勿論 exclamation×2  ここの、この景色。



IMG_0011.jpg





IMG_0014.jpg      IMG_0035.jpg




落羽松(ラクウショウ)という北アメリカ原産の大木が、
水中から天を突くようにまっすぐに立っています、
なので、別名、「ヌマスギ」とも言うそうです。




IMG_0048.jpg




この光景は、まるでジブリの世界を見ているようだって、
ネットで書いてあったので、ぜひぜひ見たいと思ったKnulpでした 手(チョキ)



IMG_0041.jpg      IMG_0044.jpg







小径は上り坂、下り坂、木の根道、なめらかな土道と、
起伏に富んで景色にも変化があってとても楽しめました。
池の周りには。。。くりのき広場、こなら広場、えごのき広場、
さくら広場、はんのき広場、もみじ広場と、いろんな広場が配されていて、
私はその中の、えごのき広場で、ちょっとオカリーナを吹いてみましたよ るんるん
その様子は1月3日アップの動画編でご覧ください わーい(嬉しい顔)





IMG_9959.jpg




IMG_0063.jpg





森林浴。。。心ゆくまで楽しめました。
森林の香りとか、土の匂いというものは
本当に細胞の隅々までに染み渡り、
なじみのある心地よい感覚を呼び覚ましてくれます。
霊験あらたかなパワースポットも大好きなのですが、
パワースポットって、自分がどう感じるか、だとも思います。
その点、このような木々に包まれてあるくシーンは
心も体もリラックスさせてくれる、
自分にとってのかけがえのないパワースポットだと私は思っています。

それぞれのパワースポットが
気持ちや行動や覚悟を禊いでくれるよう願いつつ、
精進していきましょう exclamation×2

画像が昨年のものながら、
新年第一声のプログですので、邪気を払い、
浄らかな心で一年をスタートさせたいものですね 手(チョキ)






IMG_9989.jpg



















posted by Knulp at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 随筆

2016年12月20日

ミステリースポット「木嶋坐天照御魂神社」



IMG_0493.jpg





木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)

なにやら、ものものしい漢字を並べた神社ですが、
通称を蚕の社(又は木嶋神社)と申します わーい(嬉しい顔)

天ぷらの『松』で さんざん舌鼓を打ったあと、
その足で、太秦にある蚕ノ社まで、足を伸ばして行って来たのです 手(チョキ)




IMG_6530.jpg



ここ exclamation 
京都市右京区太秦にあるんですよ、ちょっと行ってみましょう くつくつ




IMG_6531.jpg



IMG_0454.jpg     IMG_0455.jpg




下の写真、赤い実は万両でしょうか??



IMG_0507.jpg      IMG_0513.jpg




うわ〜、境内は奥が深〜いですね。



IMG_6534.jpg




お蔵もあります、お宝がいっぱい入ってるんでしょうか。。。



IMG_0464.jpg



7世紀頃、渡来系氏族「秦氏」が
水の神、ムスビ(織物)の神を祀ったのがはじまりとされています。
養蚕、織機、染色の技術に優れ、太秦の地で勢力を誇り、
京都の発展に類い稀な貢献をしてきた秦氏。
その秦氏が建立したので、蚕ノ社と称されるようになり
製糸業者や染色業者の参拝者が多いようです。
知られざるお宝が眠っているやも知れません わーい(嬉しい顔)




あ、ここではまだ、紅葉がありましたよ るんるん



IMG_6547.jpg




まずは、本殿にお参りします。



Kittyさんより 02.jpg




実は、この蚕の社を訪ねたのは、
Knulpの興味を掻き立てる、『三柱鳥居』を見たかったからです。

不思議なオーラを放ち、蚕ノ社のパワースポットとして有名なんですよ 手(グー)



お神楽するような拝殿の横を通り、
古い(普通の)鳥居をくぐると、三柱鳥居のところに行けます。





IMG_6543.jpg


この奥だよー るんるん






IMG_6542.jpg




IMG_6541.jpg




その佇まいは、“元糺の森” と呼ばれる深い森に囲われていて、
かつては、この鳥居の下に “元糺の池” が湧き出ていたそうです。
「糺の森」!? 
そういえば、Knulpは10年くらい前は、
下鴨神社のある「糺の森」 の近くに住んでいましたので、
そこにも通じるご縁があったのか。。。と、感無量〜 揺れるハート




IMG_6539.jpg




IMG_6537.jpg





この三本の柱は、秦氏と大いに関係の深い、
下鴨神社と、伏見稲荷大社、そして松尾大社の方角を向いている、と
いうことだそうですよ。
Knulpはかつて下鴨神社のすぐ近くにに住んでいた、
伏見稲荷大社は2年前の初詣スポットでしたよ、
そして松尾大社はつい最近に行っています、
なんだかワクワクですね るんるん




IMG_0475.jpg





この三柱鳥居の中心には石が積み
上げられた神座(かみくら)があり、
ここが宇宙の中心、というわけなんですね。
そして、神が降臨される聖なる場所。



しかも、しかもですよ exclamation
この三柱鳥居は、キリスト教の「三位一体」を表している、ということなんです。
これ、とっても大事なんです。
その昔、隠れキリシタンが神社の鳥居の形を聖三位一体に見立て、
信仰を厚くしていたのではないでしょうか。。。
この三柱鳥居の形は「ダビデの星」に似ているとも言われています。



IMG_0485.jpg




ありがたい、ありがたい。。。
このような神社で、三位一体の奥義と出逢えるとは。。。


しかし皆さん、この写真少しおかしいな〜と気づくKnulpなんです、
実は、ピントが少し曖昧ではないでしょうか?
ピントが合わなかったのは気のせい??
でもね、まさか手動じゃあるまいし、オートフォーカスですので
この写真だけ合わなかったのは。。。となにかを感じるKnulpでした。


さぁ、帰りましょう、と後ろを振り向くと、
元糺の森がうっそうと見えてきて、つい、帰り道を急ぎました あせあせ(飛び散る汗)



Kittyさんより 01.jpg




IMG_0489.jpg




帰りには、少し西の位置にあるお稲荷さんにもちょっとご挨拶。



IMG_0496.jpg      IMG_0494.jpg





あらッひらめき
お稲荷さんの社の一体の一番奥(西側)の
元糺ノ森の方向に、地下室がありました。



Kittyさんより 03.jpg



こちらもただならぬ雰囲気ただようパワースポットでした。
中に入らせてもらうと、ここにもやはり、
お稲荷さんが大切にお祀りされてありましたよ。





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


京都ってところは
超有名な、日本史の教科書に載っている寺社仏閣もよいでしょうが、
このように、少し斜めからアプローチしていくと、
閑散と、のんびりと、ほっこりと、歴史のロマンを堪能できる
お宝スポットがいっぱい埋まっているンです。


そういうエリアや街道や湧き水や、
拝み倒して「品物をわけてもらう」「予約を入れさせてもらう」ような
ユニークなお店がいーっぱいなんです。

ぜひ一度、行かれてみてくださーい るんるん





IMG_0461.jpg













posted by Knulp at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆

天ぷら『松』


四条通りをまっすぐに西へ向かいますと、桂川に出くわしますが、
その川端の通りを右折北上しますと知る人ぞ知る、
天ぷらの『松』 というお店があるのです。


前々から、一度行きたい、絶対行きたい、と
強く思っていながらなかなか時間がとれなかったので、
この度、思い切って予約を入れ、すべてのスケジュールはそれに従い(笑)
『松』さんならではのレジェンド料理を堪能させていただいて来ました 手(チョキ)




まずは、突き出し。
加茂茄子とはまぐりのすり流し(冷製)



IMG_0397.jpg




お次は、揚げ鯛のいくら添え + 獅子唐
いくらの塩加減でいただきますのが、なんとも上品〜 るんるん
塩味が足りなく感じる人のためにこだわりの美味しい「塩」



IMG_0399.jpg




さらに椀物が続きます、カニと大根のおつゆ、生姜の香りで。



IMG_6504.jpg




お造りは、鯛、鯖、寒鰤と
それから右手の方には鰆のたたきを柚子のジュレで〜 揺れるハート



IMG_0403.jpg

ここまできたら 「オー、マイ、ガッ」って感じです、
舌がとろけます、喉ごしプリップリで、もー、ノックアウトされました(笑)
脳裏をかすめたハートマークは、今や、お口の中で100倍に ハートたち(複数ハート)




この日のごはんものは鱧の蒸しご飯。
もち米で炊いてあります、笹の蓋をのせて



IMG_0406.jpg




下の写真のひと品は、
ひきあげ湯葉をきのこのおだしで
織部のような四角い器のまま焼いてあるので、
とーても熱く、なかなか冷めません。



IMG_0409.jpg




いただく間にもお話しがはずみ、楽しめる逸品です。
Knulp、今日はもう有頂天光るハート



IMG_6513.jpg




そしてそして、いよいよとうとう
このお店の看板にもなっている天ぷらが登場しました ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


わかさぎ、さつまいも、さば、れんこん、などなど、
おだしでいただくか、あっさりとお塩でいただくかでひとつひとつ幸せに悩み、
次々と揚げたてを運んでいただき楽しんでましたら
もー美味しすぎていただくのに夢中になり、
気がついたときには、もう天ぷらはすっかりお腹の中へ わーい(嬉しい顔)
写真はこの部分ではまったく残りませんでした、残念 exclamation×2 (爆笑)




〆のはあつあつの鶏卵のにゅうめん
ほんの少しに思えますが、これをいただくと
途端にお腹がいっぱいになっていることに気づく、みたいな(笑)



IMG_0410.jpg




さてさて、大満足の仕上げは、
やっぱりここでもみたらし団子。
でも、先週の土曜日に行った松尾大社のみたらしも美味しかったけれど、
こちらのみたらし、お団子を炭火で焼いて、
はったい粉のきな粉に黒蜜。。。あぁー、言葉では書き足りない あせあせ(飛び散る汗)
もうね、香ばしさがハンパないので、もう言葉がない 右矢印1︎ ここ、最高 黒ハート



IMG_6524.jpg




以上、お昼でもありお酒も呑めない状態でしたし、
次にゆく予定もありましたので今日のところは軽いコースで。




IMG_6528.jpg




お客さまでありながら、「お願い!(予約を)入れて!」と
頼み込む始末あせあせ(飛び散る汗) 右矢印1︎ でもね 手(パー) それもそのはずなんです exclamation
主客転倒かな?? と憤慨する前にこのひと品を召し上がれ〜っていうことです exclamation×2
泣く子も黙る天ぷらの『松』さんなのでした。



大将! ご馳走さまでしたぁ〜 手(チョキ)



IMG_6529.jpg







∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


この後、次のブログが控えております(笑)
天ぷらの『松』をあとにして、向かうは、「蚕の社」というところ。

ここに行きたかった理由は。。。
「三柱鳥居」がKnulpにとってのパワースポットだからです 手(チョキ)


それでは次のブログを乞う、ご期待 ぴかぴか(新しい)




IMG_0432.jpg













posted by Knulp at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆

2016年12月18日

国宝『弥勒菩薩半跏思惟像』 〜広隆寺〜


昨日、松尾大社に行きましたが、
今日も。。。あんまりお天気がよいので(笑)
そしてまた、12月とは思えぬ暖かさについ誘われ かわいい
太秦、広隆寺を訪ねてみました。


四条大宮始発の嵐電に乗ってトコトコ、ゴトゴト。。。



IMG_6480.jpg




お目当て!? 勿論 exclamation  国宝第一号、弥勒菩薩半跏思惟像でありまーす ぴかぴか(新しい)



広隆寺は、広隆寺は603年(推古天皇の時代)に
秦河勝(はたのかわかつ)が聖徳太子から仏像を賜り、
それを御本尊として建立した、と記録され、聖徳太子建立の日本七大寺のひとつ
(日本書紀より)


ひらめき この御本尊というのが、この弥勒菩薩様なんですね。




IMG_0393.jpg



このお寺の名称は、古くは「蜂岡寺」「秦公寺(はたのきみでら)」
また「太秦寺(うずまさでら)」などと称され、
その歴史が物語るように、渡来人の秦氏の存在、
その日本への貢献度の大きさははかり知れません。
養蚕機織はもとより、農耕、醸造等の大陸文化、先進技術を
我が国にもたらした功績は偉大(パンフレットより)




さて、山門をくぐると、左手に薬師堂、能楽堂。
右手に夕日を受けて静かに佇むは、「赤堂」とも呼ばれる講堂。



IMG_0388.jpg




その先はずっとずっと続いていて広い、広い exclamation×2



IMG_0322.jpg




太子殿に向かって進んで行きますと、井戸舎があり、
手を洗って浄めます。



IMG_0327.jpg




そして、上宮王院太子殿の正面に立ちました。
“和を似って貴しと為す” 
世界平和を目指した慈悲の聖徳太子。
その太子殿の外壁にかけられた額に「終始一貫」と書かれてありました。



IMG_0326.jpg



今日はお天気がよかったので、太子殿が殊の外見目麗しく〜 ハートたち(複数ハート)



IMG_6483.jpg










書院のところまでくると、参拝受付を。
この先、あの憧れの、弥勒菩薩像が。。。 黒ハート


入り口の手前にはかわいい池とお社が。



IMG_0377.jpg




下の写真は旧霊宝殿



IMG_0372.jpg




通せんぼ状態でしたので、手前を右に直角に曲がっていよいよ、新霊宝殿へ



IMG_0374.jpg



IMG_0339.jpg




いよいよ入り口



IMG_6491.jpg






∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞




弥勒菩薩様、阿弥陀如来坐像、十一面千手観音立像、
毘沙門天、薬師如来、十二神将などなど。。。

霊宝殿の中央に静かに佇みますと、
その荘厳な霊気と慈悲深いお姿に
居住まいを正すほどの思いと同時に 根本から癒されるような、
そんな不思議な感覚になりました。


薄暗い霊宝殿を出ると、建物は輝く夕陽を一身に浴びていました。
その前に広がる苔むしたお庭のなんと美しいことでしょうか。



IMG_0352.jpg




太陽をいっぱい受けて、杉苔のほのかに色が変わっているのが
手に取るようにわかり、あらためて厚い苔に覆われた地肌に触れてみたりしました。



IMG_6484.jpg







日本の歴史、衆生の人生を見守ってきた広隆寺
時代は変われども、まったく変わらないものがあるわけで。。。

そしてそれは、今から先も
ずっとずっと続いてゆくのでしょう
私たちがいなくなったあともずっと。。。







IMG_6487.jpg













posted by Knulp at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆

2016年12月17日

『宗像大社』の市杵島姫命が京都に降臨されたとか。。。


IMG_0271.jpg




今日のお天気は曇り
季節外れに気温の高い日になる、ということなので、
西京区にある松尾大社まで足を伸ばして来ました。
ちょうど嵐山の少し手前のところで、桂川のほとりに位置するこの神社、
松尾山の神霊を祀って生活守護神としたのが起源と言われています。
(パンフレットより抜粋)

ここに行きたかったのは、何と言っても
先日出かけた宗像神社に祀られている宗像の三女神の一人、
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が こちらに天下られ、松尾の地で大切に祀られている、
という情報を聞いたからです。

また、大陸から渡来し、九州から京の都発展に大きく貢献してきた、
秦氏一族についても、知りたいことがいっぱいだったからです 目
秦史に縁りの深い場所を、Knulpはいろいろ訪ねてみたく、
俄か歴女の今日この頃です 手(チョキ)



帰りに、桂川のほとり、有名な天ぷらの『松』に寄って
お食事でも〜と思いきや、ぜ〜んぜん甘かったの もうやだ〜(悲しい顔)
なにせ、『松』のコースをお目当てに全国から予約を入れてくる、というほどの
名店です、一週間やそこいらで予約が入るとは思えませんね、はい あせあせ(飛び散る汗)
なので、今日は残念ながらあきらめて、『松』には後日あらためめて。。。




ところでこの松尾山のこじんまりとした神社、松尾大社には、
行ってみると面白い発見がたくさんありました るんるん




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞




演劇 御祭神
御祭神は「大山咋神(おおやまぐいのかみ)」と
「中津島姫命(なかつしまひめのみこと)」
中津島姫命は、市杵島姫命の別名ですので、同一人物。
宗像で出会ってきた三女神のお一人に、京都のなかでもこんな松尾山で
また御目にかかれるとは。
姫命とは、神像館(写真撮影不可)でお目にかかりましたよ 手(チョキ)
古くから海上守護の霊徳を仰がれた神。。。
ひらめき なんだか、マリア様の通ずるものがありますね exclamation



あ、因みに 大山咋神は、近江国の比叡山と松尾山を支配される神です。





演劇 松風苑 〜〜〜三つの石庭〜〜〜
作庭は、重森三玲氏
三庭に用いられた200個以上の岩はすべて
徳島県吉野川(徳島、香川、愛媛に渡る)の青石(緑泥片石)


かわいい 曲水の庭


IMG_0216.jpg




IMG_6437.jpg      IMG_0235.jpg




IMG_0218.jpg      IMG_6436.jpg




かわいい 上古の庭


IMG_0246.jpg




IMG_0253.jpg




松尾山の山頂付近には御神蹟」と称される盤座(いわくら)が
残っているそうです。
いわくら!?  京都の地名「岩倉」もそういう語源があるのかもしれませんね。。。




かわいい 蓬莱の庭


IMG_0275.jpg




IMG_0308.jpg      IMG_6468.jpg


不老不死の蓬莱神仙の世界を模した池泉庭園




かわいい 即興の庭という小〜さな白玉石を敷き詰めた坪庭もありましたよン るんるん


IMG_0248.jpg






演劇 恋愛成就、夫婦和合の相生の松
「相生の松」と題された、根を同じくした一対の木は
あちこちの神社で見かけますね。夫婦和合の象徴ですが、
Knulpは前に住んでいたところの近くの下鴨神社で発見しましたよ 手(チョキ)
ところでこちら、松尾大社の相生の松は昭和32年に天寿を全うしておりました、
アチャー がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)



IMG_0214.jpg






演劇 霊亀の滝
裏手から流れ来る渓流を御手洗川というようです。
その突き当たりの奥には、霊亀の滝という滝がありました。


IMG_6456.jpg




IMG_0263.jpg






演劇 亀の井
霊泉『亀の井』
どこかで聞いたことのある名前。。。
ひらめきexclamation 別府亀の井ホテルだッ(笑)
ここの美しい湧き水は、京都の酒造家が造り水に混和することにより、
延命長寿、よみがえりの泉 とした、として大変有名です。
そういえば、松尾大社はお酒の神様、
神輿庫に全国から収められた酒樽は圧巻です。
Knulpのふるさと、西宮から神戸にかけての
灘五郷(今津・西宮・魚崎・御影・西)のお酒も並んでありましたが、
おそらくこちらは六甲山の山清水とかもあるのでしょうね。




IMG_0266.jpg      IMG_0267.jpg








演劇 にしんそばとみたらし団子
帰り際には、お約束の門前茶屋で香ばしいみたらし団子を。
ついでと言ってはなんですが(笑)
せっかくなので、年末にはちょっと、いや、だいぶ早いですが あせあせ(飛び散る汗)
年越しそばならぬ、にしんそばをいただきました。
ふ〜、ふ〜、おいしかったです 手(チョキ)


IMG_0314.jpg








∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

あまりご縁がなかった松尾大社ですが、
すぐ近くにあったんですね〜八分音符
四条通りをまっすぐ西へ。その突き当たりに桂川が流れていて、
そして、桂川を渡ると松尾山。
近い、近い(笑)

2017年は酉年 exclamation×2
もう準備がなされていて、本殿には大きな絵馬が。


来年も一病息災でよい一年を過ごすことができますようにと、
心から願いながら帰路につきました。





IMG_6424.jpg











posted by Knulp at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2016年12月13日

宗像大社


IMG_9667.jpg





先日、宗像大社まで足を伸ばそうと。。。
お天気もよいので思い切って行ってきました るんるん

実はこの日、偶然にも
あの、あの! あのー exclamation×2 憧れのVientoさんの。。。
美紀さんが宗像に寄られるっていうので、(→すっごい早耳手(チョキ)
なんと、ついて行っちゃいました 手(グー)



IMG_9870.jpg



なんでって exclamation&question  それはコンサートに重ねて行けたのと、
神湊でもコンサートが聴けて、Facebookでお話していたら、
気がついたらこんなことになってました(爆笑)


なので。。。 Knulpは 俄かカメラマン カメラ (笑)

Viento の竹口美紀さんは、この日、
三男の蓮士(れんと)くんを連れてのいそぎ旅 exclamation×2
目まぐるしいスケジュールのニッチをみつけてのリサーチ旅は、
必ずや、今後イベントや企画などなどに役立つ情報をGET ぴかぴか(新しい)




まずは、公益財団法人 宗像ユリックスへ Go exclamation


IMG_9639.jpg




IMG_9636.jpg      IMG_9637.jpg



いつかここで、Vientoさんのコンサートが開催されるといいですね〜 黒ハート
けっこう大きいンです、ここって exclamation
ホールだけじゃなく、お向かいにはスポーツ施設、球技場、
テニスコートなどもあるようで、もー、ここ、広い広い あせあせ(飛び散る汗)




IMG_9640.jpg





因みに内部の様子はこんな感じ



IMG_5540.jpg




IMG_5551.jpg      IMG_5544.jpg






それではいよいよ、宗像へ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞





IMG_9645.jpg




この度、Vientoさんは新しいCDをリリースされました花束


タイトルは『断崖の翼』 ーーー この偉大なる自然遺産が、
時をこえて確かに息づく神宿る島、沖ノ島。
日本書紀に登場する胸形君が誇り高く平和に治めた
ここ、「宗像」の地にちなんだ素晴らしいCDです。



収録されているのはほとんどが竹口美紀さんのオリジナル曲。
・海都 ムナカタ
・天空の記憶
・波濤に挑む
・神宿る島
・断崖の翼
などなど、宗像にちなんだ曲に加えて、
山口県の秋芳洞に行かれたときにインスピレーションを受けて
生まれた曲などが収録されています。




これはもう、美紀さんと宗像に行かないではいられない(笑)
というわけで、美紀さんはもちろん初めてではないとおっしゃっていましたが、
秋深い宗像大社にご一緒してみました。



IMG_9716.jpg




宗像三女神を祀る「三宮」が成立したのは、
古事記の編纂された時代、おおよそ712年あたりくらいにまで遡ります。
海の民ムナカタと海北道中を守っておられます。
三女神はそれぞれ、沖ノ島、大島、本土、と三箇所にお祭りされています。


・沖ノ島 → 沖津宮(おきつぐう) → 田心姫神(たごりひめのかみ)
・大 島 → 中津宮(なかつぐう) → 湍頭津姫(たぎつひめのかみ)
・宗 像 → 辺津宮(へつぐう)  → 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)


皆さん、ちょとややこしいですがあせあせ(飛び散る汗) 覚えておきましょーおやゆびサイン

「宗像大社」というのは、その三宮の総称である、ということが言えますね。




IMG_9669.jpg




IMG_9659.jpg      IMG_9661.jpg





宝物館もゆっくり見学させていただきました。
有名な金製指輪(沖ノ島出土・国宝)も間近に拝見してつくづくとため息が。。。 ハートたち(複数ハート)
宝物館を出ると、小径にはもみじの絨毯が はっぱ
初めてこんにちは八分音符した蓮士くんも次第にリラックスしてくれてたぁ〜 わーい(嬉しい顔)




IMG_9684.jpg      IMG_9703.jpg
※かわいい〜光るハートと思ったら、写真をクリックしてみてね� かわいい




IMG_9867.jpg




興味深いことに、
キリストを象徴する隠れシンボル、魚(イクトゥス=ΙΧΘΥΣ)と、
ムナカタの民が胸に施していた鱗文の入墨が
「魚」つながりで一致したので嬉しかったです。



IMG_9717.jpg




IMG_9719.jpg      IMG_9721.jpg




この宗像の地には、太古のロマンがたくさん秘められているようです。
本殿から小径を進めば、そこはパワースポット。
清々しい、聖なる「気」と「陽光」をいっぱい浴びて帰ってきました。




IMG_9673.jpg



その昔、海北道中と呼ばれた玄界灘
遣隋使、遣唐使が盛んに往来した海の道。
そんな中で、この宗像一族の優れた航海術は有名ですが、
人々の歴史をみつめてきたこの玄界灘、響灘の波濤は
何を思い打ち寄せるのでありましょうか。。。

完成豊かなViento美紀さんは、冬の玄界灘に触れると
蓮士くんと一緒に素足になっちゃって(笑)
波のメッセージを全身で聴き取ろうとしているようでした。。。




IMG_9883.jpg




IMG_9840.jpg




IMG_9828.jpg




蓮士くんも大はしゃぎ(笑)
今日はぐっすり寝てくれるわぁ〜 手(パー)




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

斯くして、美紀さん親子は陽光あふれる宗像をあとに
くまモンのところへ帰って行ってしまいました。

また一緒に遊ぼうね るんるん




IMG_9725.jpg












posted by Knulp at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆