2011年10月21日

2011年10/15(土) 万葉文化館でミニコンサート♪

アプローチ .jpg


10月15日は 奈良は明日香村にある、奈良県立万葉文化館 で
Stylish Duo 「Sky-Note」 というユニット名で、
ふたりでオカリナ演奏してきました。
Sky-Noteとは、「天空の調べ」という意味です。


前庭 .jpg


前日は雨だったのですが、当日は雨に降られることもなくよかったですね。
広々としたとてもきれいなところで、もうそこにいるだけで
時間の流れが悠々としている感じをうけました。
すごいオーラでした・・・


野外ステージ .jpg



上の写真は当初予定していた野外ステージ“万葉のひろば”ですが、
前日の雨でまだ地面が濡れているのでやめて、
館内エントランスホールでの演奏となりました。
これがまた、かなり音響効果がよくって・・・却ってラッキーでした。


豪華な館内 .jpg


まず控室に荷物を運び込み、練習しながら、
ときどき他の出演者さんを見たりして過ごしました、そしていよいよ・・・


プログラム .jpg





【コンサート】



ミニコンサートでは、
まずはご挨拶の向上を述べ、「千の風になって」をアンサンブルで。
これはゆったり、たっぷりした感じの曲ですが、
Sky-Note Version では、軽やかに流れるように吹きました。
内容的にさみしいので、少し軽快な感じとメロディの美しさを
表現してみたのです。
歴史スポットは現在・過去・未来への継承が大きな意味を占めるので、
今回はこの曲をオープニングにもってきました。


Knulpも響きのよいホールで 谷村新司さんの「朱音」を
思いっきり吹いてきました。気〜持ちよかったな〜。
・・・オカリナ吹きの醍醐味です


ここでは Stylish Duo “Sky-Note” の宣伝もさせていただきました。
名刺も置いていますのでお持ち帰りくださいね、と言いますと、
もう持っていて、高くかかげて見せてくれる人もありました。
嬉しかったな〜 土壇場になって思い付いて
必死につくって印刷してきた甲斐がありました。
その場でお客さまと心が通うって、本当にうれしいね黒ハート


数曲進んだところで、奈良にふさわしい 「野に咲く花のように」
これはみなさんご存じなので一緒に口ずさんでいただいていましたね。


もち時間30分の比較的短いコンサートでしたが、
フィナーレは Sky-Note 十八番の 「未来へ」
これもすごーくうまくいって、お約束のナレーションも成功しました手(チョキ)
意外とたくさんの拍手をいただき、
ここはけっこう感動するところなんだ・・・新発見。
作戦は大成功です。




【後ばなし】

楽屋に戻ろうとするところで聴いてくださっていた方から呼びとめられ、
出演依頼もいただきました。
ありがとうございます、また頑張ります!


演奏後は出演者の特典により、館内をゆっくり見学。

館内のいたるところに 「明日香コーナー」 があって、
まるでKnulpのためにつくってあるみたい!
なにせ場所が、奈良県高市群明日香村飛鳥10番地なもので・・・(笑)
16分のミニシアターも観客は我々だけでしたね。贅沢だな〜

とにかく素晴らしいところで、
Knulpのように考古学に特に興味がなくても
古代ロマンをリアルに体感できる貴重な文化スポットでした。

みなさんもぜひ一度行ってみてください。
駐車場もタダやし(ニッ)
      ↓
季節のよいときに万葉庭園(自由に入れる)を散策して
野外ステージ前のベンチでお弁当食べるだけでも
のびのびと開放的な気分になります。
なので、お薦めです! → ほんと、きれいなところでした〜


posted by Knulp at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の演奏活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49109978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック