2021年03月12日

令和2年度の集大成 〜 福岡編 Part III



IMG_3271  記念マスク .jpeg






さらに別の教室で、うちわでの ミニ発表演奏会 をやってみました。
コロナ禍で、ワクチンもまだ情報だけですので、
考えられる限りの、それ以上の工夫で、目一杯警戒しながら、
万全の予防対策を講じて、開催しました。
。。。といっても、状況的にはいつものクラスとおんなじなのですが あせあせ(飛び散る汗)
念の為、教室を広くてお庭の見えるお部屋に変更し、
うちうちの〜といってもやはり、「発表会」と銘打った以上は、
自分たちのステージとしての心意気はしっかりと表現しました。



カルチャー全体の大規模な発表会が中止になっているさ中、
オカリナ教室が開催する、となると、なんとなんと!

事務局が開催することを応援してくださいました。本当にありがたかったです。
おかげさまで、会館のスタッフや関係者の方々が聴きににきてくださったり、
来館者が、ふらりと覗きにきてくださったりと、
演奏のモチベーションが上がって、おまけに心拍数も上がるという(笑)
アットホームながら、ほどよい緊張感を持った素敵な演奏会になりました。
いろいろお心を砕き、ご指導くださり、ご協力のもとに、
無事に開催できましたことを、当日は勿論のこと、
当日に続き、こんなブログからではありますが、心から御礼を申し上げます。


当初、ふたクラス合同で、オカリナの発表会をと考えていたのですが、
ご希望・ご要望があり、ひとクラスだけになりました。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


生徒さんのSat さん がとても素敵なプログラムを作ってくださったので、
アップしますね。 よい記念となります、感謝です。
ぜひ、画像をクリックして拡大してご覧ください。
Sat さん のセンスが光っています。




_DSC8708 プログ02 .jpeg       _DSC8710 プログ01 .jpeg       




そしてそして、三密にならないように。。。ということで、
今回は大した宣伝も予告も流せずで顔3(かなしいカオ) それでも、
クチコミで駆けつけてくださったお客様がいらっしゃいましたので、
本当にありがとうございました。


最初に、皆さん緊張もあるので(笑)換気、ソーシャル・ディスタンスのまま、
軽く上半身をほぐしてみました。



_DSC8719  体操02 .jpeg     _DSC8725 体操01 .jpeg



これは教室で毎回行う、ウォーミングアップの軽い体操です。
おかげで、身体がほっこりしてきて、気持ちもリラックスできました。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞





今回は、生徒さんのソロ演奏、デュオ演奏などを盛り込んで、
「舞台を踏む」 「人前できちっとご披露させていただく」
この経験と、覚悟と緊張感を感じていただきたい、そして、
さらに今年度の締めくくりとして、ひとつ、区切りをつけたい、
という思いがありました。
なので、まずは、皆さんが普段練習してこられた曲目を聴かせていただきました。



_DSC8744 中山全体 .jpeg






まずは N さんのソロ 「野に咲く花のように」「学生時代」


_DSC8750 中山 .jpeg     




続いて、Sin… さんの力演  「さとうきび畑」です。

_DSC8758 新銅 .jpeg





次は、 T さんと Shir… さんの デュエットで 「君をのせて」


_DSC8768 白水 .jpeg     _DSC8766 田子森 .jpeg

        Shir… さん                  T さん   




         _DSC8772 君を乗せて .jpeg





次なる演奏は、Y さんと I さんの紡ぎ出す 「糸」 と 「花は咲く」


_DSC8783 柳 .jpeg     _DSC8773 糸 .jpeg

        Y さん
   

 


この I さんは、お家の事情により、今日でこのクラスを卒業されます。
淋しぃーあせあせ(飛び散る汗)
次は お名残り惜しい I さんのソロ曲  「春よ、来い」 です。


_DSC8789 伊藤 .jpeg




_DSC8795 伊藤全体 .jpeg




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


後半は、全員合奏



IMG_3262 全員合奏 .jpeg




2年間をかけて、あたためてきた、入魂の3曲 ️


「いつも何度でも」  「モルダウ」  「見上げてごらん夜の星を」





このうち2曲をアップしてみました。
当日の感動を今ふたたび〜 八分音符









皆さん、努力されました、よくついてきてくださいました!
「吹けた」っていう原石の段階から、一曲を仕上げるオカリナ道。。。
艶を放ち、内側からも輝きがこぼれくるような玉の如き演奏を
目指すということの意味。。。











涙ぐんでいた奏者さんもおられました、
聴いているKnulpも、この2年間の練習風景を思い出して、
もう、胸がいっぱいになりました。



真剣に取り組めば、ゴールは。。。
辿り着いた途端にもう、目を上げた先に行っています。  
一生精進ですね 八分音符





_DSC8806 全体01 .jpeg





_DSC8800  全体02 .jpeg





_DSC8802 全体03 .jpeg





皆さんの真剣な表情をも一度ご覧ください、オーラが出ています 手(パー)

この発表会の素晴らしい瞬間を一眼レフで激写してくださったのは、
写真教室の真谷(まみや)様です、ありがとうございました。
おいそがしいところを私たちのために駆けつけてくださり、
プロ跣(はだし)の腕前で、たくさんのお写真を撮ってくださいました。
心から御礼を申し上げます。 m(__)m


全体演奏中の、お一人お一人の真剣なひたむきな表情を記録していただきました。
(ぜひ画像をクリックしてみてください)


_DSC8828 中山アップ .jpeg     _DSC8829 田子森アップ .jpeg




_DSC8830 白水アップ .jpeg     _DSC8831 柳アップ .jpeg




_DSC8832 伊藤アップ .jpeg     _DSC8833 新銅アップ .jpeg





そしてそして、右端に陣取るは、司会の Sat さん



_DSC8834  司会の佐藤さん .jpeg     _DSC8807  佐藤アップ .jpeg



素敵ですね! 
Sat さん は司会もカメラも担当してくださり、
素敵なプログラムを作成してくださいましたのも、Sat さん なんです。
もちろん演奏もあってて、大変な一日だったと思います、
Knulpは大船に乗せていただきました。ほんとうにありがとうございました。




IMG_3265 聴衆  .jpeg





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



最後のコーナーは、僭越ながら、
Knulpにも少しお時間いただきましたので、皆さまに楽しんでいただきました。
特に、生徒さんたちは緊張されていたでしょうなので、
オカリナをしまって、ゆっくりくつろいでいただきたいと思いました。




_DSC8844 Knulp演奏正面 .jpeg




_DSC8846 Knulpティアーモ .jpeg    _DSC8857 Knulp背面 .jpeg



いつも亜音の黒系のオカリナを使っていますが、
今日はこのティアーモのオカリナを使って
グリーンスリーブスを演奏してみましたよ。










曲目は冒頭のプログラムにある通りです、
「贈る言葉」の特に今日、このクラスから巣立つ伊藤さんに贈りますが、
その前に、Knulpとクラスの仲間たちから、歓送の気持ちをプレゼントしました。


_DSC8850 贈呈01 .jpeg     _DSC8851 贈呈02 .jpeg




演奏が終わりましたら、
生徒さんの皆さんからお花をいただきました 花束

サプライズをしたつもりが、Knulpもまた、サプライズをいただき、
今年度の成長を目の当たりに見て、聴いて、感無量のKnulpでした。



_DSC8860花束01 .jpeg     _DSC8863 花束02 .jpeg





お披楽喜の前に、みんなで記念撮影を。。。

女性陣は、皆でお揃いのブローチ!
これは、生徒の一人、白水さんのアイディアです。
あ、男性陣は、ブローチではなく、蝶ネクタイで決めて 手(チョキ)
クラフト・手芸の先生でいらっしゃる白水さんは、この日の為に
全員分のブローチとネクタイを作ってきてくださったのです、
もうびっくりです。どんなに大変だったでしょうか、
ありがとヴございました。心から御礼申します。m(__)m


ハート️ “土の音会” として、また演奏をご披露させていただける時には、
連帯感と協力、協調の絆として、身につけてステージに立ちましょう ️





アンコールは 「コンドルは飛んでいく」 です。
終わったら、またアンコールいただきましたので、\(^-^)/
ちょっと迷ったのち、 「主よ人の望みの喜びよ」 にしました、
皆さんがよくご存知の2曲で締めくくりました 八分音符


 

IMG_3264  Knulp遠景 .jpeg

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



皆々様のご努力、ご協力のもと、この小さな発表会が実現したことを
心から感謝しています。ありがとうございました。




IMG_6178.jpeg

 


楽しいオカリナのクラスは、今年度、ますますと発展・進化してゆきます 手(パー)
ソロで吹いても、みんなでハーモニーを奏でても、美しくて楽しい! 
そして健康にも情操にも有効で、また、
まだまだ先の心配ですがあせあせ(飛び散る汗)認知症にならないためにもかなり有効な
オカリナ道。。。 みんなで極めてゆきましょう にこにこ







_DSC8873 記念写真.jpeg














2021年03月06日

令和2年度の集大成 〜 福岡編 Part II




続いて、宗像で開催してきました教室での演奏です。
皆さんは7名です、皆さんは(個人レッスンのケースを除いては)
福岡での、私の最初の教室の生徒さんたちなのです。
ぴかぴか(新しい) 土の音会 ぴかぴか(新しい) っていうお名前も考えて、私たちはコツコツと
マイペースでオカリナを楽しんで今日まできました わーい(嬉しい顔)



もうひとクラスあるので、全体で合わせて発表会をしようかなって思いましたが、
新型コロナウィルス感染防止の方針として緊急事態宣言があったため、
三密を確保し、万全の予防対策を講じるとなると。。。
やはり今回は見合わせましょう、 ということになりました
心おきなく開催できる時がきたら、みなで楽しく発表会をやりたいので、
その日がとても楽しみです。楽しみごとは、取っておくと楽しみが倍増します 手(チョキ)





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

よって、このクラスの皆さんの演奏は、
音声のみをブログにアップすることで、今年度の成果とさせていただきます。



Knulpのブログ上からで恐縮ですが、
皆さんの演奏を聴いていただけると嬉しいです 八分音符




       さんぽ







       大きな古時計







       花は咲く


ときは3月 exclamation 
図らずも、3.11 の。。。 あの、2011年 東日本大震災 のときと重なっています。

この曲に向き合う時、
ひとりひとりに、この曲に対する思いを言葉にしてもらいました。
どのように感じるのか、どのように吹きたいか、何を伝えたいのかを
自分の正面にきちっと据えて、この曲に思いを込めて奏でてきました。
テクニックは、今はこれ。このさき来年、再来年とレベルアップしていきますが、
思いはいつも最上級です exclamation×2


みんなの心がひとつになった「花は咲く」をぜひお聴きください。











皆さん、本当にお疲れさまでした ハートたち(複数ハート)


新年度をまた、オカリナのやさしい音色で
いろんなメロディを楽しんでゆきましょう








2021年02月22日

令和2年度の集大成 〜 福岡編 Part I 〜




生徒の皆さんが日々あたためて吹き込んでこられた 

スメタナ作曲 「モルダウ」


このままスルッと卒業するのは忍びなく、
この成果をここに残しておこうと思います 手(チョキ)




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



福津で開催してきました教室での演奏です。
皆さんは8名で、和気藹々とした雰囲気の中、
楽しくレッスンを進めてきました。

初めてオカリナをもってみる。。。からスタートした皆さん、
ほんとうによくオカリナを楽しんでこられました わーい(嬉しい顔)
以前、一度、このメンバーであるホームさんに
訪問演奏をしましたが、昨年についで今年も、
コロナ禍により叶いませんでしたので、
今回は ぴかぴか(新しい) YouTube発表 ぴかぴか(新しい)  ということに致しました。



生徒さんも自分たちの演奏を聴くとまた、なおすところがみつかったり、
次の曲へのモチベーションが上がることと思います にこにこ




Knulpのブログ上からで恐縮ですが、
皆さんの演奏を聴いていただけると嬉しいです 八分音符


 

  





皆さん、新年度をまた、オカリナのやさしい音色で
いろんなメロディを楽しんでゆきましょう るんるん










2020年11月20日

ゑほんの蔵 定期ライブ再開 八分音符



IMG_0169.jpeg





今日は、ゑほんの蔵さんでライブの日でした八分音符

ゑほんの蔵さんのご協力により、
三密を避け、換気・消毒を徹底しての開催です。
オーナーのS様もスタッフの皆さまも、
ほんとうにこまめに、入念に、予防と消毒をしてくださり、
おかげさまで、皆様には安心してご来場いただけたのではないかと思っております。




IMG_4296.jpeg




ここ、ゑほんの蔵の立地・ロケーションも抜群なのですが、
スタジオの、この清浄な空気感は、おもてなしの菊の高貴な香りとともに
一歩入ったときに、誰もが感じられたのではないかと思います。

ゑほんの蔵さま!
大変にお世話になりありがとうございました。




IMG_4295.jpeg




同時に、本日ご来場いただきましたお客様にも、流石に今回は、
ありがとうございます の思いも ひとしおで、
絶対に「来た甲斐があった!」と思っていただけるようにと、
その強い思いで臨みました。




IMG_0117.jpeg




まずはご挨拶から始め、
今回のライブに対する思い(覚悟)と感謝の気持ちをお話ししました。




IMG_0114.jpeg




前半は、J-POP や 季節感あふれるナンバー そして、クラシック曲 等、
おなじみの曲で、楽しんでいただきました。




IMG_0121.jpeg       IMG_0128.jpeg




中盤は、Knulpがファンの、宗次郎さんのナンバーから4曲。




IMG_0145.jpeg      IMG_0155.jpeg





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

昨日、今日と、新型コロナウィルスの感染者数が激増した中ではありましたが、
かねてより企画していたライブの日が11月20日ということで、
本日、予定どおり決行した次第です。
当日キャンセルもあるかもしれないと もとより覚悟していて、
Knulpは、お客様が3人でもおひとりでも、たとえなくっても、
やると決めたらやろうと思っていました顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
キャパリミットを通常の半数に設定し、予定人数に達して締め切りました。
うれしかったです。。。光るハート




それぞれにご不安も葛藤もおありだったこととお察しします、それでも
足を運んでくださった皆さまに、アンケートを取らせていただきました。

抜粋ですが、ここにご紹介します。



四つ葉 楽しみにしていたゑほんの蔵のコンサートがやっと聴けて嬉しかったです。
 オカリナの音色にぴったりの場所ですね。

四つ葉 人数等、お気づかい頂き、安心して聴けました。

四つ葉 楽しい曲が多くて元気が出ました。

四つ葉 クヌルプさんのコメントや思いの言葉がすごくほのぼのとした心になりました。
 指の運びが美しいと思いました。 もう少しパワーがあるといいなと思いました。
 オカリナがもっともっと鳴るかも。。。

四つ葉 いろいろ心あたたまる ご配慮 お気遣い ありがとうございました。

四つ葉 きれいな音に聞きいってしまいました。高音がとても良かったです。

四つ葉 とても楽しかったです。コロナの中、前向きに行こうと思います。

四つ葉 とても工夫して開催されていて、良かったです。

四つ葉 換気頂いている分、足元が冷えるので、何か対策があると高齢者に嬉しいです。

四つ葉 今日も素晴らしい演奏をありがとうございました。 うっとり堪能致しました。

四つ葉 音楽の力を本当に感じる時間でした。オカリナの音色は本当に多彩ですね。
 心が豊かになり 心から楽しめた時間をありがとうございました。

四つ葉 すばらしい音色をありがとうございます。
 それぞれの風景が見える様です。旅行をしている気分になりました。

四つ葉 優劣なし 全曲よかったです。最後に「大空と大地の中で」を聞けてとてもうれしかったです。

四つ葉 たのしいひとときをありがとうございました。会場が少し寒く椅子がかたかった

四つ葉 久しぶりに先生のオカリナを聞かせて頂きました。また練習にはげみます。

四つ葉 いい音を聞かせてもらい、ありがとうございました。

四つ葉 アルトとソプラノの使いわけは理由があるのでしょうか?

四つ葉 ありがとうございました。

等々。。。



よかった曲をお尋ねしてみました、上位3曲は。。。

@ 見上げてごらん夜の星を       →→→→→  ダントツTOP exclamation×2
A 楽しい Winter Wonderland    →→→→→  意外と好評!よかったぁ〜\(^-^)/
B シチリアーナ(フォーレ)     →→→→→  苦労した甲斐がありました(笑)

その下には、
「ゆっくりやさしく」「暁のダンス」「見えない星をさがして」が
同ポイント で続きます わーい(嬉しい顔)




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

自粛期間中に中断していたこと、控えてきたことは、
with コロナ の生活だからと言って切り捨ててしまうのではなく、
感染症を正しく賢く警戒・予防しつつ、
やるべきことはちゃんとやろうと、慎重に1mmずつ前進するKnulpです。

そしてベストを尽くして尚、禍が降りかかった際には、軽々しい非難や差別に走らず、
淡々と、粛々と、誠実に対処して乗り越えてゆく、その覚悟は
どんな時にもどんなことにも必要だと心得ます。

来週からまた教室が続きますね、新型コロナウィルス感染症の撲滅を願いつつ。。。
  




花束 大きな、豪華な、お花をいただきました。



IMG_4320.jpeg



S様、こんな立派なお花を。。。 本当にありがとうございます。 m(__)m
Knulpはこのお花にふさわしいステージをお届けできたでしょうか。。。顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
できていたらいいなぁ〜光るハート


帰宅してこのお花を飾らせていただき、あらためてじっくりと眺めながら
お部屋に満ち溢れる花の香りの中で、感謝と反省と再挑戦の意欲に浸る夜です。

幸せな一日を心から感謝しています。
皆さま、ありがとうございました。




IMG_0167.jpeg












2020年10月10日

2020年 10月10日 ザビエル聖堂にて  



IMG_0096.jpeg





今日はザビエル記念聖堂にて、ほんとうに久しぶりに、
オカリナの生演奏をご披露させていただきました。



世の中が新型コロナ旋風に悩まされて半年以上になっていますが、
自粛生活の中でも最近はほんの少しですが、オファーをいただくようになりました。
今回の貴重なオファーですが、やはり、新型コロナ感染の拡大状況によっては
中止という英断もなきにしもあらず。。。ということでしたので、
宣伝もちょと控えまして、
「時期がきたら」「感染がひどく悪化しなければ」
「感染対策が万全にできれば」そして、「台風14号がうまくそれたら」 。。。 と
様々な条件をクリアしての当日を迎えました。
雨天にもならず、風も少なく、曇り空ながら平和な朝となっていました。



この日は、ザビエル記念聖堂のバザーの日で、売店ブースはありましたが、
飲食関係がどうしても制限を受け、コンサートはお昼の12時から45分という
異例のスケジュールでスタートです。




IMG_0094.jpeg





まず最初に皆さまに聴いていただける喜びと感謝、そして
この会場の安全性をお伝えしてご挨拶とし、
「小さい秋みつけた」で始めさせていただきました。


続いて J-POP から、
「あの素晴らしい愛をもう一度」
「道化師のソネット」

いずれももう 約50年前〜40年前の歌ですので、
令和の時代からすると すっかり “懐メロ” の範疇になるのかな??




IMG_0090.jpeg





その次はクラシックから2曲。
レスピーギの「シチリアーナ」
「主よ、人の望みの喜びよ」 

やはりこの聖堂で演奏させていただくとなると、
クラシックは欠かせません。。。苦手だなんて言っていられませんねあせあせ(飛び散る汗)


今年になって、オカリナの吹き方が変わってきたので、
だいぶ吹きやすくなりました。
難曲も敬遠していないで制覇していかないと! ですね 手(チョキ)



フォーレのシチリアーナも短いので、同時に吹いてもいいかなって
思いましたが、突貫練習だとちょと心許なかったので、今回はレスピーギで 。




IMG_0099.jpeg








クラシックナンバーが続いたあとは、洋楽から入魂の一曲を。

「愛はかげろうのように」


この曲の歌詞の内容が好きで、最初に説明してみました。。。
皆さんにこの曲のよさが分かっていただけたでしょうか?
Knulpの説明では頗るあやしいのですが(笑)
一生懸命説明しています(汗)




IMG_0108.jpeg








最後の2曲は、Knulpの 今 一番 吹きたい曲光るハート
宗次郎さんのオリジナル楽譜から、
「小さな国の笑顔の子どもたち」
「暁のダンス」
を聴いていただきました。




「小さな国の笑顔の子どもたち」という曲は、
グローバルな視点から、世界中の子どもたちをイメージしてもらって
どんな艱難辛苦に見舞われても、理不尽な目にあったとしても、
子どもたちの屈託のない笑顔とその瞳の輝きに励まされ、背中を押されて
力をもらっている私たちが、また子どもたちを守っていかなくてはという、
そういう思いを込めて吹きました。




IMG_0092.jpeg






宗次郎さんの曲はいい加減には吹けないので、
(どの曲もそうなのですが、特に特に難しいので)
ほんとうに四苦八苦します、何度も何度も吹いてますが、
吹きたくて吹いちゃってますから、やっぱり好きなことしてるってことなのかな顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
「こういうふうに吹きたい」というのがはっきりあると、
それができれるまでやめられないんですね。。。
そういった意味ではまだまだ吹き足りない曲はいっぱいこ、ありますショッキング




「暁のダンス」は静かに夜が明けてゆく雰囲気のスタートから
一転、いきなりアップテンポに激変しまして、
エネルギッシュな、漲るパワー を感じずにはいられない曲です。


後半は、ソプラノC管に持ち替えて、お祭りなのか雄叫びなのか???
とにかくとにかく、この大きな響きのよい聖堂いっぱいに
オカリナを響き渡らさせていただきました。






今日はコロナ禍もまだ抜けきらないので時間も40分程度、と抑えました。
皆さまに、暫し楽しんでいただいたあとは、アンコールを八分音符


アンコール曲は、コロナ禍のお家時間に、
Knulpが手持ちの楽譜をあれこれ引っ張り出してきて吹いていて、
そのときに見つけた面白い伴奏で、「コンドルは飛んでいく」を演奏しました。




IMG_0095.jpeg






この楽譜の伴奏を使うと、
後半の見せ場のようなアップテンポの部分がないので残念なのですが、
伴奏にケーナの音が入っていて、オカリナのメロディとハモるのです。
Knulpの大好きなフォルクローレの香りが楽しめる一曲になっています。






∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


コンサートでは、いつもながら
ザビエル記念聖堂の関係者の皆さまがたに大変お世話になりました。
今年は期待されていた催しが出せず少なくなってはいましたが、
もっとも大切なことは、お集まりいただいたお客様方がなによりも安心をして
楽しんでいただけたのではなかったでしょうか。 コンサートも、
密を避けたので、人数は半分になりましたが、換気をして、歌もやめて、
今の状況に即して一番よい方法で開催できたのかな。。。と。
そう振り返ってみると、Knulpは感謝でいっぱいです。 
ブログからですがもう一度、心からのお礼をお伝えさせていただきます。


ありがとうございました。




IMG_0105.jpeg










最後におまけ〜八分音符 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

「愛はかげろうのように」の歌詞ですが、Knulpは懸命に説明するあまり、
もう何を話したかわからないくらいです(笑)  
よろしかったら、下記ののサイトをご覧ください。
Charlene の歌声が説得力あってとても素敵です 八分音符
         ↓
         ↓
         ↓
https://www.youtube.com/watch?v=lkmDzuXrJYM










2020年07月05日

ボライティア演奏の再開

IMG_0047.jpeg






今日はひさかたぶりに、訪問演奏に出かけてきました八分音符

約4年前にKnulpがお訪ねし、オカリナのコンサートを〜 るんるん ってなったときに、
どうしてもスケジュールが合わずで、なかなか実現しなく、数年がすぎましたあせあせ(飛び散る汗)
ところが、あの時のことを覚えていてくださったご担当のSさんが、
今年の6月入ってすぐに、Knulpに、演奏依頼のお電話をくださったのです。



もうね、この春からね、
新型コロナウィルス感染症の拡大防止のために、自粛、自粛の毎日。。。(泣)
コンサート、ミニでもいいからやりたいな〜 なんてへんな川柳顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

でもまだ早いよね〜 教室もこれからだしね〜 などとつぶやきながら
お家でただただ、オカリナばっかり吹いて過ごしていました わーい(嬉しい顔)



Knulpの、そんなブルーな日々に一本の奇蹟のお電話️
ヤッホ〜八分音符



IMG_0052.jpeg



演奏ができる喜びをちょっと思い知りました、
とっても嬉しいことですね、聴いていただけることはありがたいですね。




IMG_0044.jpeg




こちらのハウスさんでは、利用者さんは企画的お元気な方が多く、
皆さん、行動が自由なのですが、最近はお出かけも、訪問のアトラクション等もなく、
音楽コンサートは久しぶりです、とのことでした。



本日のメニューは、
最初の3曲を宗次郎さんの新しい楽譜からとりました。
「小さな国の笑顔の子供たち」「森の中の散歩道」「暁のダンス」
Knulpにとっては難曲で、かなり練習したつもりですが、初めてのこと、
やはりデビュー戦なので、いろいろ、課題がいっぱいわかりました。
ひとつひとつ経験なので、こうして聴いていただけるということで、
Knulpは育てていただいています、感謝です。




IMG_0078.jpeg       IMG_0065.jpeg




「暁のダンス」では、皆さんの手拍子で応援していただきました。
今回はどうしても、声を出したり歌ったりしていただくことができないので、
シーンとしてしまうのを心配していましたが、このリズミカルな曲につられて
みなさんもちょっとリズムに乗っていただけました 手(チョキ)




IMG_0049.jpeg




後半は皆様お馴染みの曲から
沖縄の「島唄」
関西の「瀬戸の花嫁」
高知の「南国土佐をあとにして」



司会のSさんのおはからいで、オカリナのご質問などもいただきましたよ、
重さはどんなくらい?ってお訊ねがありましたので、
実際に持っていただいてみました。ま、個体差はあるのですが、
最初に 陶器の笛なんですよーってご説明しましたので、
ずいぶん重たいのかな。。。って思われたのでしょうね にこにこ




IMG_0043.jpeg





時間がもう少し取れると、リクエストをいただいたり、
お好きな曲や歌える曲を聞いたりして楽しめるのですが、
コロナ騒動のまっただ中での、手探り状態のコンサートでしたので、
30分の予定でプログラムを組んでみました。



最後には、アンコール曲に「コンドルは飛んでゆく」をご披露して
お披楽喜といたしました。




IMG_0064.jpeg





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本日のコンサートを企画してくださいました、
施設長のA様、ご担当のS様、大変お世話になりました。



オファーをいただくともう嬉しくて嬉しくて(笑)
それからこっち、約半月余りは練習あるのみだったんですが、なんと!


前日になって、まさかの 熊本県南部の集中豪雨。
日本の太平洋側が全体的に危険でしたね、とにかく、
熊本の被害のあまりの甚大さに、
まだ被害の傷跡も癒えていない3年前の九州北部豪雨を思い出しました。

亡くなられました皆様のご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた皆様に心からお見舞いを申し上げます。


「暁のダンス」宗次郎さんが書いておられたように、
明けない夜はない exclamation×2  そう信じてみなの力をあわせましょう。
いつもいつも心にとどめ、お祈りしております。










2020年03月07日

基礎練習は裏切らないにこにこ  by 土の音会 



「〜は裏切らない」はどこかで流行ったフレーズ 顔1(うれしいカオ)
そうそう、筋肉もそうですが、オカリナの練習もね exclamation×2
やったらやっただけの結果が必ず現れてくるものです。。。
ほんと! これほど正直なものはないんです。

今日は、オカリナ道で研鑽を積んでこられた、土の音会の皆さんの演奏を
ご紹介しますね。土の音会の仲間のほんの一部分の皆さんなのですが、
ブログにアップした いきさつ と共に、皆さんの演奏をぜひ聴いてみてください。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今年に入ってからというもの、
新型コロナウィルスの感染防止ということで、
いろんなイベントが中止となりました。

こちらの教室では、3月のある日、
某高齢者施設をお訪ねし、春の1日を
オカリナ演奏で楽しんでいただくことにしておりましたが、
残念なことに、当ホームさんでは面会謝絶となってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

今回は見送りますが、なくなったわけではなく、
また近いうちに状況が好転したらぜひお願いしますと、
言っていただいていますので、また企画しま〜す八分音符

施設運営のK様にはこの場をお借りして、お礼を申します、
お大変な中、あたたかいお言葉をありがとうございました。
どうぞ皆様、お大事にお過ごしくださいね。
この感染が1日も早く終息を迎えることを祈るばかりです。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

生徒さんたちが季節の曲目をあれこれと練習を重ね、
KnulpもMCを整えてリハーサルの段階になっていました。
日をあらためて開催するとはいえ、この曲たちも、
季節が変われば次回には使えないかもしれませんので、
今回は、一つの節目として、皆さんの日頃の健闘を大いに称え、
Knulpのブログにアップさせていただくことにしました。





演劇 ここで一言 exclamation
いろんな教室で企画していた発表会が中止となったりしておりますが、
練習日自体も取りやめになったところがほとんどです。
そんな中、このサークルだけは開催をされていました exclamation×2
生徒さんが自主的に休まれることもあるのかな、と想定して行きましたが、
皆さん、レッスンを受けられました、お仕事の方をのぞいて皆勤です八分音符
なので、Knulpは皆さんの演奏を記録することができた次第です。
これができたのは、この教室だけで、他は全て行政の指導により受講延期です。
(所在地の市がちがうので、行政の対応が異なります)





まずは、みんなで楽しく歌えるこの曲 るんるん  「ドレミの歌」です。

一曲の前後には、どうしても静寂がありますので、
否応なく緊張感が漂う現場でしたが(笑)
コンサートの最初の曲に選んだので、
どうしても元気いっぱいに弾けてほしくて、
かと言って、低い音が上ずってしまわないように気をつけました八分音符










次は、生徒さんの中からおふたりが、デュオ曲を練習してこられました。
それは。。。 まずはこの曲! 「翼をください」










「翼をください」という曲のタイトルのイメージから、
高い空からスカイツリーを臨む写真を使ってみました わーい(嬉しい顔)
未熟な点は多々あるかもしれないですが、このときの演奏では、
Knulpには、ものすごく練習されてきたのがみてとれました。
ある時点からグンと上達され、Knulpはちょっと感動しました 光るハート




もうひと組、女性のデュオが続きますよ。こちらはおふたりでの合奏なのですが、
おふたりの雰囲気が坂本九ちゃんの「涙くん、さよなら」にぴったりで、
まるで肩の力を抜いて、涼しい顔して口笛を吹いているような わーい(嬉しい顔)
そんな気さくで可愛らしい雰囲気をKnulpは感じました 手(チョキ)

そのわりには、高音がスッと上がりきれているのでとても聴きやすかったです。

実はこれ、すごいことなんです、いつも言ってるんですけれど、
上がったつもり、鳴らしたつもりでは、正確な音程にはなっていないのであせあせ(飛び散る汗)
いつも心掛けてもらうところです。











そして、この教室で 黒一点、 
チームのまとめ役のTさんが、ソロ曲に挑戦されました。
皆さんが尻込みする中で、勇気ある挑戦ですよ ぴかぴか(新しい)

大きな手の中で、オカリナがちっこく見えてしまうのですが(笑)
押さえにくい運指も一生懸命に練習をされました。
少しずつ、伴奏の音を聴くゆとりが出てこられましたので、
タイミングのラグは、ときにはいい味を醸し出してくれ、ときには
何気に修正をされますので、中島みゆきさんの「時代」。。。
どうかあたたかいお耳で聴いてみてくださいね。










さてさて、
残るはこのプログラムの大目玉 exclamation×2 全員合奏でお届けする、
「恋のバカンス」と、  作者不詳の日本の古謡、「さくらさくら」です。



では、「恋のバカンス」から聴いてみてください。

これは昨年の8月に、別のホームさんでご披露して以来、
この教室の十八番となっています。
土の音会の中でこのメンバーでしたら、この曲は必須八分音符
手がけ始めてから もう一年くらいになりますか。。。
苦労したのはやはり高音。高音が出ないとサビの部分が迫力に欠けるあせあせ(飛び散る汗)
そしてそして、次に何回も練習したのがテンポです。
もう、ぜったいにノリノリでありたいんだけれど、その反面、
走ってしまっては台無し! その匙加減に。。。 なかなか苦労しました(笑)


そして、この録音が皆さんの成果です。










最後に、今、新型コロナウィルスの感染に
世界中が情報を共有し、努力して、なんとか撲滅しようとしているこの春。
日常では、街中は閑散とし、人々はマスクをつけ、花見の宴も控えて、
感染防止のためにいろんなことを我慢するべき殺風景な状況になっていますが、
それでも 桜のつぼみ がやさしくほころび始めています。


桜の花は今年も春風の中で凛と咲き誇ってくれることでしょう。
心を込めて、「さくらさくら」で最後を飾ります 花見(さくら)











いつの世も、どんな時代も、毎年毎年、春を告げて
人々の心をやさしく和ませてくれるあでやかな「桜」
この、日本を代表する桜に 敬意を込めて、
皆で 一音、一音、大切に吹き込んできました。


。。。 いかがでしたでしょうか





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

生徒さんの日頃の練習の成果を讃え、
また、この演奏をKnulpのPCの中にとどめておくことがもったいなく、
ブログで発表してみましたにこにこ



最後に、カメリアの皆さん、
素晴らしい力演をありがとうございました 拍手
Knulpはろくな機材がなく あせあせ(飛び散る汗) 
録音機器や PC機能が駆使できていないかもしれません、
お聴きづらい点をお詫びしつつ、
丸2年、ともにオカリナ道を歩いてきてくださった感謝と
これからも一緒に前進してゆけたら、という願いを込めて
このページを捧げます 八分音符


ありがとうございました。










posted by Knulp at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2020年02月10日

カフェ・ダイニング 『ジモカフェ』




店内 0492.jpeg





『ジモカフェ』さんに行ってきました。
こちらはかれこれ、4年になるかな。。。くらいのお付き合いのカフェ・ダイニング。


Knulpがまだこのあたりに慣れなくて
周囲をキョロキョロしていた頃。
当時は、まず、美味しいコーヒー飲めるところと、それから。。。
ケーキ屋さんを探していて。。。

この『ジモカフェ』さんはね、
美味しいお料理に舌鼓が打てて、オカリナのライブもできるところを
探しつつ検索していたときに、Knulpの PCに忽然と現れましたよ(笑)




でも最初はここどこ?? だいぶ遠いじゃん⁇ って思いましたが、
Knulpは車を駆って行って参りました、行ってみるの大好き(笑)
そのころは。。相棒は赤いフォレスターだったかもです、今は違うけど顔1(うれしいカオ)

あ!あー!!
表の写真を撮るのをすっかりうっかりあせあせ(飛び散る汗)
残念。だってここ、どんなにかわいいか〜光るハート
ログハウスなんですよ。
ネットで外観フォト見ただけで、Knulpは行ってみるって決めたくらい(笑)

なので、店内写真から始めさせていただきました、はいあせあせ(飛び散る汗)






こちらのシェフの高橋さん、
ただ今、春の食材を手なづけるべく、集中️




よっしー 0503.jpeg




旬の素材が、高橋シェフの手にかかると
もう ほっぺた もっとかなあかんほどの美味しさきらきら
Knulpはよっしーって呼ばせていただいていますが、
よっしーのお人柄か、ここにはいろんなアーチストがやってくる(笑)
シェフ仲間はもちろんのこと、そのおおもとの食材関係、
そのほか、花、アロマ、写真、彫刻、スマホ関連のこととか。




この日はテーブルにアロマキャンドルが灯っていましたが、
前なんか、Knulpはハーバリウムをお買い上げして帰りました、
なぜかここ、なんか買ってしまう不思議なお店(笑)




キャンドル 0021.jpeg





さてさて、
肝心のこと、ご紹介しましょう、
本日のメニューは きのこのパスタ
その名も  〜 ブラウンマッシュルームのクリームスパゲッティ 〜

ほら、こんなの。




きのこのパスタ 0532.jpeg





今日はパスタにしましたが、数日前行ったときには
みすじ肉の溶岩焼きをいただきました。めっちゃ柔らかいの光るハート

その画像がないので、参考までに、
この記事の最後に手ごねハンバーグの画像を載せますね。

〜〜〜いつもサラダ撮ったあと、メインがきたら
   感動のあまり写真撮るの忘れるKnulpですあせあせ(飛び散る汗)〜〜〜





ランチタイムでは、あと サラダとフォカッチャがセットですよ、
そして、今日のKnulpはコーヒーをつけてもらいました。




サラダ 0499.jpeg      フォカッチャ 0017.jpeg




このサラダの周りにある半透明なのはふ〜き〜八分音符
それではてっぺんにある細い長いのは、何でしょうか?
わかる方はKnulpまで(笑) わからない方は。。。
ぜひぜひ現地に赴き、実際に召し上がってみてください手(チョキ)




そんなこんなをお友達とおしゃべりしながら、
また、高橋シェフの時事ネタを聞きながら、舌鼓、腹鼓〜(笑)





あら! 今日はいつも横目で見ていたブティックブースにも
入ってみました、Knulpの大好きなエスニックではありませんか️ exclamation&question




エスニック 0493.jpeg




ディスプレイの棚には、興味深いグッズが ところ狭しと。。。




棚 0494.jpeg





これまたKnulpが大好きなアイアンの釣具や
吉兆と言われるふくろうの置物、鷹やワンちゃんたちは、水牛の角から
掘り出されているようです、ひとつひとつ、柄が異なっていますね。
それにしてもこの鷹や犬たち凄いな〜 この模様は天然(角の模様)ですよ 目
(画像をクリックして、拡大してじっくり見てみてね)



今日はKnulpは思い切って、
以前から気になっていた春色ブーツをGETしました。
一緒に行ったお友達は、Knulpのブーツと同じ靴職人さんの手による
こっくりしたブラウン系の色味の靴をお買い上げ〜。
これなら一年中履けるよね。あ、お友達は水牛ホーンのふくろうさんも
2つほどお持ち帰りしていたような(笑)




ブーツ 0497.jpeg







お洋服もこちらのはなんといっても天然素材ですから手触り抜群。
デザインもシルエットを助けてくれるような着心地で
安心感と機能性を兼ね備えた飽きのこない仕上がり。



いつかKnulpは、こちらのコスチュームを着て
オカリナを吹きたいな〜と思っています。
もし見かけたら、「これ、ジモカフェの??」って
声をかけてみて〜八分音符





ブティック 0496.jpeg







∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

最後に、ちょっと参考のために、前にこのお店でいただいた
「手ごねハンバーグ」の写真を載せますね。




ハンバーグ 0014.jpeg



こんな感じ〜にこにこ
熱々の溶岩プレートの上のこのハンバーグ、見ての通り、まん丸なの。
まるでラグビーボールみたいなんです。
コロンコロン(笑) 最高〜八分音符

よかったら、ぜひぜひ行ってみてください、
とにかく、Knulpのおすすめは、「美味しい〜光るハート」つてこと。
しかも、どれがってことはないです、何をたのんでも、です。
きらきらきらきらきらきら高橋シェフの手は魔法の手きらきらきらきらきらきら





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

最初ジモカフェをみつけたときは遠いかなーって思ったけど、
今じゃもう平気〜八分音符
海沿いをドライブして帰るとき、決まって車寄せで駐めて、
みるみると沈みゆく夕日を眺めて溜め息をつくのがお気に入りのルートです。



美味しいものと出会った感動、
自然由来のグッズに囲まれる きらきらcozyきらきら さ、
そして息を呑むような地球の光景があれば、
自分がほんとにちっこく見えてきて、
どんなこともなんでもないな〜と思えるかもですね 手(チョキ)





IMG_0580.jpeg










posted by Knulp at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆

2019年11月30日

2019年11月30日 はっぱ ゑほんの蔵 はっぱ オカリナ ・ライブ  



IMG_4395.jpeg




恒例 exclamation オカリナ詩人 “Knulp” の きらきらゑほんの蔵ライブきらきら
令和元年11月吉日、秋晴れに恵まれていよいよ開幕でーす八分音符


いつもながら、ゑほんの蔵さんのエントランスは、素敵!
和庭園とウッドデッキを背景に写真を撮ってもらいました


スタジオはこんな感じ〜

今日はお客様が若干多めのようで(ありがたいです。。。)
かわいい椅子もさることながら、
ベンチにぎゅうぎゅう詰めになりそな予感にこにこ
今はちょっと寒くても、やがて皆さんの熱気でホカホカになるでしょう。
ステージの準備とリハーサルを進めまーす(笑)




IMG_9898.jpeg      IMG_4397.jpeg




今回のおもてなし企画は、昔なつかし。。。
皆様が選ぶ昭和の青春のメロディ〜八分音符 ということで、
一部懐メロも交えながら昭和のヒット歌謡曲の特集です。


本来ならば、皆さんの思い出の曲を自由にリクエストいただけたら
よいのですが、それだと、Knulpの心の準備が。。。 心許なく(笑)
演奏レベルも限りなく急降下しそうでしたのであせあせ(飛び散る汗)
僭越ながら、50曲という枠をもうけました。




IMG_4398.jpeg      IMG_9899.jpeg




50曲とは。。。 Knulpの好みと、お気に入りさと、思い出の曲と光るハート
あとは独断とマニアックな入れ込みから選んだ 究極の きらきら50選きらきら


実はKnulpはものすごく楽しみにしていました。
というのも、
Knulpが好きなマニアックなシンガーを
おんなじように好きでいた人がいらっしゃるかな〜とか、
Knulpが生きてきた遥か昔の(内緒ネッあせあせ(飛び散る汗)) 空前のヒット曲、
また当時ブレイクした歌手が皆さんにもわかるかな〜とか(笑)

いろんなことを想像してワクワクしながら、この日を迎えました。




IMG_9912.jpeg





IMG_9907.jpeg





フォークソング の時代とか、GSの時代とか、はたまた「りんごの唄」
ニューミュージックの走りとか、演歌から加山雄三とか加藤登紀子とか。
まーちょっと! 当時のことなら何でも聞いて!!  状態(笑)



Knulpの挑戦としては、リクエストに何曲お応えできるのかも
楽しみなひとつでした。
予定は60分ですから、いつもは12曲前後なのですが、
できるだけ吹きたいな、というのが密かなチャレンジだったです(笑)




IMG_9905.jpeg




本日の主役は。。。 Knulp的には、
『この曲をリクエストした方の、その当時の自分』と設定していました。


短い3分程度の時間枠に蘇る、若き日の、あの頃この頃の「私」
青春を謳歌した日、受験勉強に明け暮れた日、アーチストに夢中になった日、
わけもなくやるせなかったり、目標に邁進していたり、
周囲の期待やプレッシャーに押しつぶされそうになっていたり。。。
いろんな日々の、いろんな時代の「自分」を蘇らせていただけたらと
思いました。


そして同時に、できるだけ多くの方にその瞬間をプレゼントしたく、
次々と演奏していきましたよ。




IMG_9900.jpeg





IMG_9904.jpeg





「岬めぐり」からスタート exclamation 「琵琶湖就航の歌」「いい日旅立ち」
「また君に恋してる」「22才の別れ」「大空と大地の中で」
「桃色吐息」「糸」「知床旅情」「異邦人」「踊り子」
「花の首飾り」「野に咲く花のように」「想い出の渚」

















フィナーレは ベンチャーズの「京都の恋」
これは嬉しかったですね〜 ていうか、運命的なものを感じました手(チョキ)

というのも。。。
Knulpは兵庫県西宮市の “宮っこ” ですが、京都を拠点としているので
「京都の恋」は、話題性や自分が住んでるところのトークから、
結構、コンサートで演奏してきた曲だったのです。


ゆとりをもって、楽しくはじけて、フィナーレとさせていただきました。










今日は座って ゆる〜っと演奏しようかなって思っていたのですが、
たくさんいらしていただき、後ろの皆さんに見えないかなあせあせ(飛び散る汗)
やっぱり立って演奏したKnulpでした!




IMG_9932.jpeg





ひやー、面白かったでーす顔1(うれしいカオ) 皆さん、ありがとうございました。

時間が飛ぶように過ぎてゆき、あー、時間が足りない、足りないあせあせ(飛び散る汗)
青春の1ページ、追体験の玉手箱は、
またいつか。。。 今回の演奏曲を差し替えて、やりましようね八分音符




IMG_9919.jpeg




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

結局のところ、 50曲中、15曲か。。。
あんなに練習したけどな。。。 やっぱり吹けない曲数は多いでしたね。
でも、お客様を約30人として15曲でしたら、50%の確率
ま、こんな感じでしょか。。。(笑)












ゑほんの蔵様、ありがとうございました。
今回も、超!!!楽しかったです八分音符


次回も日程を決めていただきました、
チラシを作成しましたら、またお知らせしますね。
今度はどんな企画にしようかな〜と考えるお正月となりそうです。
そんなひとときが一番幸せなKnulpでした。。。光るハート





IMG_4393.jpeg













2019年11月17日

2019年11月17日 旧羽室家住宅



IMG_9243.jpeg






オカリナ詩人 “Knulp” は、大阪府豊中市の原田しろあと館にある
国登録有形文化財「旧羽室家住宅」の暖炉のある応接間にて、
毎年、オカリナのコンサートを開催しています。



今年も、お馴染みの 原田しろあと館に、11月17日(日)に行って参りました、
1年ぶり〜八分音符  こう考えると一年って早いものですね(笑)



IMG_9234.jpeg




この建物は、昭和12年に、当時住友系の役員の一人であった、
羽室廣一氏が、個人の住まいとして建てた木造 建築2階建て。
典型的な昭和の和洋折衷住宅で、造作の細部も。。。
美しい網代天井、アール・デコ風のマントルピース、丸型の切り窓の
ステンドグラス、明るいサンルーム、建築当初からのガス燈などなど。。。
気を抜かない匠の技の粋が感じられます。



少し写真を載せますので、行かれた気分になってくださいね八分音符
それぞれの写真は、クリックすると拡大して見ることができます。



IMG_3868.jpeg


      アプローチの小径には、瓦が縦に並べて埋められていますね!





IMG_3872.jpeg      IMG_3870.jpeg

母屋の奥にはサンルームが太陽




IMG_3883.jpeg

サンルーム外から覗くとコンサートの準備がされていました。
わくわくします(笑) 正面奥の扉の形にも注目 目





中はこんな感じになっています。



IMG_3876.jpeg




IMG_3881.jpeg



応接間のマントルピースも床のタイルがとっても素敵です。



IMG_3888.jpeg



2階のお茶室や昭和の調度なども、懐かしい雰囲気で心休まります。



IMG_3890.jpeg      IMG_3897.jpeg



IMG_3903.jpeg      IMG_3899.jpeg





さてさて、本日のプログラムは
オカリナの音色で綴る世界の民謡 ということで、
各国一曲、Knulpの独断で選ばせていただいたお国柄の感じられる
そして、慣れ親しみのある民謡をお楽しみいただきました。



IMG_9249.jpeg



ガンダーラ(古代国家)→ スロベニア → イタリー →



5F07A53F-50F1-428F-AD65-187438C1F7DF.jpeg      73A2614D-C1AC-49BD-867C-CBE484A42990.jpeg




フランス → スペイン → イングランド 




IMG_9240.jpeg





ここで、皆さんも(Knulpも〜) 喉が乾きましたので、
御座敷にてティータイム。
御座敷と言っても、ちゃんと畳に正座しなくてよいように、
座椅子がありますので、足は楽なんですよ。




IMG_3894.jpeg

ふた間続きの和室には広縁が。



皆さんとの歓談もまた、楽しいひととき。
オカリナを二本買って来られて、「Knulpに習いたいと思ってきたのよ〜」と
言ってくださった方もありました。
ご自慢のオカリナを見せていただきましたよ八分音符




後半は、 スコットランド → アイルランド → ドイツ → ロシア →



6958AD04-599C-41D0-9D5B-F14F545E8EBF.jpeg      D727CEF4-09D8-4ADC-A22F-F83E1DF014C4.jpeg




中国 → 北米 → 南米 そして、無事に日本へ戻ってきました(笑)

ラストの曲は、日本の「さくら さくら」 です。


皆さんにはお楽しんでくださったようで、Knulpもとてもうれしかったです。

アンコールをいただき、アイルランド民謡の「ユーレイズミーアップ」を
演奏してお披楽喜としました。





IMG_3892.jpeg




ご来場の皆様、
いつも、Knulpのオカリナを聴きにきてくださり、
本当にありがとうございました。
Knulpは皆さまに聴いていただけて、
そして、この由緒あるお屋敷で好きな曲を吹けて、
こんな贅沢なことはありません。
また来年も、ぜひぜひお目にかかりたいと思います。





∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

お客様をお見送りしてから、Knulpもコーヒーを煎れていただきました。
写真をたくさん撮ってくださったスタッフの方に感謝!

予定があるのに来てくれて、最前列で動画や写真をいっぱい撮ってくださったHさん、
本当にありがとうね、Knulp、いつもみたいに怒った顔してない(笑)
怒って吹いてない!!(笑) 
どんなにか、たくさん撮ってもらったと思うわ〜 
その中の、その中の、ほんのひとにぎりの笑ってる顔だもんね 手(チョキ)
心からありがとうございました。




旧羽室家住宅。。。
Knulpが初めてこちらでライブさせていただいたのは、2013年のことでした。
今回で、7回目️ 1年に一回ですから、もう7年ものおつきあいになるんですね わーい(嬉しい顔)



その頃から、ずーっとお世話になってきた、副代表のAさんが、
来春で交代される、と伺いました、
Knulpはすっかり淋しくなってしまいました。
でも、ライブのときには来ますねって言っていただき、
Knulpも、メールしますねって申しました。

ほんとうに7年間も。。。 数ある演奏家の中で、
いつもKnulpのオカリナを忘れずに毎年、お声かけてくださったA様、
Knulpはこのご恩を一生忘れません!





IMG_3900.jpeg





そして、Aさんから新しい役員の方をご紹介くださり、
ご挨拶させていただきました。


旧羽室家住宅の、原田しろあと館の、益々のご発展を、
地域の皆さんに愛される貴重なレガシーとして、
末長く存続されていきますようにと。。。
昨今の事情を鑑み、切に切に願っております。
昭和大好きっ子、バブルの申し子、Knulpでした顔1(うれしいカオ)


ありがとうございました。






4D57799C-6941-4330-B2DF-9EAFD05FE83F.jpeg